特集
» 2016年05月16日 10時00分 公開

SDSで乗り切れ、データ爆発時代のストレージ運用IT導入完全ガイド(3/3 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]
前のページへ 1|2|3       

ビジネスの俊敏性アップにリソース調達スピードがネックに

 ビジネス視点で見ると、ビジネス変化のスピードにリソース調達のスピードが追い付かなくなることが懸念される。ストレージ増強や変更が分単位で済むような俊敏なリソースデリバリーが求められる。またビジネスは拡大一方ではなく、縮退や廃止を迫られることもある。その際にもリソースが別用途に活用できる仕組みが必要だ。上述の特徴から、SDSはビジネス変化に迅速に適応する俊敏性をストレージにもたらす。

ITインフラコスト、運用管理コストの抑制

 ITリソースはできる限り合理的・効率的に利用し、無駄なリソースを所有しないことがコスト最適化のために肝心だ。特定システム運用の前提で導入されたハードウェアベースのストレージはストレージをサイロ化し、容量の無駄を引き起こしかねない弱みがあった。また拡張や縮退時にはデータの移行に多くの時間が費やされた。

 SDSではストレージノードやディスクを追加/削除すれば自動的にストレージプールにデータを自動的に再配置できる。コモディティサーバを利用するSDSなら、サーバを追加すればするほど容量を増強できるばかりでなく、性能も追加台数分リニアに上げることができる。また、物理ストレージを一部撤廃した場合でも、そのデータは自動的に他の物理ストレージに移動し、人手や時間をかけずにサービスを継続することが可能だ(図2、図3)。従来のRAIDディスクの障害復旧に必要だったリビルド時間も気にせずに済むだけでも、管理負担は軽くなるだろう。

図2 コモディティサーバのスケールアウト、縮退に伴うデータ再配置のイメージ 図2 コモディティサーバのスケールアウト、縮退に伴うデータ再配置のイメージ(出典:EMC)
図3 サーバのスケールアウトに伴いパフォーマンスもリニアに向上 図3 サーバのスケールアウトに伴いパフォーマンスもリニアに向上 ※100 IOPS、1TBのサーバを10台利用した場合と、さらに10台追加した場合の容量と性能の例(出典:EMC)

 またデータセンターにてラック単位で場所借りしている場合も、例えば1Uサイズのサーバをラックの空きスペースに積み込むことで料金を節約することもできそうだ。ストレージ専用アプライアンスを利用する場合には、数年後の必要容量を見越してあらかじめ隣接するラックを増設用に用意することがあるが、その無駄スペースをなくすことでコストセービングが可能になる。必ずしもラックが隣接していなくてもネットワークを介した接続ができるところも有利だ。

 さらにコモディティサーバの場合は、故障や老朽化によってリプレースする場合も、単純にサーバを置き換えるだけで済む。導入・移行はほとんど物理筐体を設置・設定する手間だけにできる。特にシステムを止めずに追加可能なことには注目すべきだろう。システム更改のタイミングでも、ストレージに関しては更改が不必要になることも考えられる(図4)。またコモディティサーバとして廉価なホワイトボックスや中古品でも、スペックと品質が水準をクリアしていれば利用できる。若干のリスクはあるが、コストと容量を重視する場合には選択肢の1つになりそうだ。

図4 ハードウェアの追加や削除に要する時間は大きく短縮 図4 ハードウェアの追加や削除に要する時間は大きく短縮(出典:CTC)

 また、既存ストレージ専用アプライアンスを利用する場合でも、マルチベンダー製品を統一的な手法で運用できることが運用管理負荷の低減につながるだろう。拠点をまたがるストレージ運用管理もやさしくなる。

 以上、今回はSDSの大まかなイメージと仕組み、利点について述べた。良いことづくめに見えたかもしれないが、SDSはまだ発展途上の技術である。上述したのは一種の理想論であり、具体的な製品ではまだ完全にマルチベンダー対応とは言い切れず、全てのストレージ製品へのアクセスや従来のハードウェアベースのストレージ機能(レプリケーションやバックアップ、スナップショットなど)が生かせる保証もない。さらに、どんな場合でもSDSを導入しさえすればコスト削減や運用管理負荷軽減につながるかといえば、答えはノーだ。まだまだSDSには注意すべきことも多い。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。