メディア
連載
» 2017年12月19日 10時00分 公開

WPA2の脆弱性「KRACKs」とは何か?セキュリティ強化塾(2/3 ページ)

[キーマンズネット]

再確認:KRACKsによる攻撃が成功するためには

 KRACKsは、無線LANのプロトコルに起因する脆弱性だ。主に無線LANクライアント側のアルゴリズムにおいて、暗号鍵を管理する部分を攻撃し、盗聴を可能にする。本来、暗号鍵を作るための変数(nonce)は都度生成されるが、この脆弱性を攻撃されることにより、同じものが何度も再利用されてしまう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。