ニュース
» 2019年09月04日 08時00分 公開

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ(2/4 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]

小規模企業はITの空白地帯、残る手段はシステムの内製のみ

 同社の生産形態は、自社製品の見込生産(MTS)と個別受注組立(MTO)、さらに設計から製造までを引き受ける受注設計生産(ETO)、部品生産(MTO)の4種類が並行し、生産効率の改善にはこれら全ての生産形態で共通して利用できる生産管理システムが必要だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。