「インシデント分析ツール」に近い情報
「インシデント」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インシデント」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「インシデント」に関する記事情報

テレワークで危機一髪、急ごしらえのセキュリティ対策が生む4つの盲点

急ごしらえで整備したテレワーク環境をそのまま利用していては、思わぬセキュリティインシデントに見舞われることがある。専門家が、暫定的なセキュリティ対策が生む4つの盲点ついて解説する。

設定ミスってなぜ起こる? クラウド時代に「ポスチャ―管理」が必要なワケ

大規模な情報流出インシデントにつながる、クラウド環境での設定ミス。そのようなインシデントが発生する背景とともに、設定ミスを回避するための「ポスチャ―管理」ソリューション(CSPM)の基本を解説する。

ビジネスが停止しても「対策は十分」? IoTセキュリティ事故の企業実態調査

深刻なセキュリティインシデントが続く一方で、多くの企業は「これ以上できることはない」と考えている――。環境の複雑化やビジネスのデジタル化にセキュリティ対策が追いつかず、攻撃者にとって「狙い目」となっている状況が、調査から浮かび上がった。

SaaSアカウント管理とは? IDaaSとの違い、働き方の変化に合わせるコツを解説

企業が使うSaaSの数は数十とも数百ともされる。SaaSの権限管理の漏れは重大なインシデントにつながるリスクがあるが、これらを表計算シートで管理するのは現実的ではない。外部パートナーを含めた人材情報とアカウント情報を一元的に管理する方法とは。

インシデントの“着弾点”を防御せよ! 成長続く標的型サイバー攻撃対策の最新事情

インシデントの高度化に伴って、従来のシグネチャベースの対策とは異なるアプローチを採用した新興市場が注目されている。そんな標的型サイバー攻撃対策ソリューションの最新事情に迫る。

EDRやSDPの動向は? 2020年以降のセキュリティトレンド大解剖

スマートフォン決済サービスへの不正アクセス被害や大量の情報漏洩(ろうえい)など、2019年もさまざまなセキュリティインシデントが発生し、あらためてセキュリティ対策の重要性が浮き彫りになった年だった。そこで今回は、2019年上半期に行った国内情報セキュリティ市場予測について見ていきながら、各カテゴリーでの動きや今後のセキュリティにおいて重視すべきポイントなどについて紹介する

あのHDD転売事件はどうすれば防げたか? フェーズごとの対応ポイント

神奈川県庁で起きたHDD不正転売事件のようなインシデントを起こさないためには、機器の排出者はどういった対策を講じるべきか。専門家が6つのポイントに分けて説明する。

「なぜIT機器の転売事故は繰り返されるのか」を過去の事例から読み解く

排出者に責任が問われるのはどういったケースか。そうしたIT機器処分における基礎知識をどこまで理解しているだろうか。2019年12月に発生した神奈川県庁のHDD不正転売事故のようなインシデントを起こさないために、知っておきたいIT機器処分の“オキテ”を説明する。

O365やG Suiteのメールアーカイブもクラウドで――Aecserveがクラウドサービスを拡充

クラウドメールのアーカイブを安心して長期保存するには、メールシステムと別でメールアーカイブを持つ必要がある。監査や訴訟、インシデント対応に必須のシステムをシンプルに利用できるサービスが登場した。

56%の企業はインシデントレスポンスが遅れて撃沈、カスペルスキーが激白

カスペルスキーが2018年に対処したインシデントレスポンスのうち、50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼を受けたものだった。なぜ企業の対応が遅れるのか。同社がその原因とともに、インシデントに対して効果的に対応するための7つのポイントを解説する。

「インシデント」に関するIT製品情報

自律型システム運用管理ツール「Senju/ASM」

株式会社野村総合研究所

複数のシステムから発報される監視メッセージを集約し、多段階でフィルタリング。対応が必要なインシデントに対し、対応内容をレコメンド。

Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」

アルプス システム インテグレーション株式会社

高機能Webフィルタリングで、インシデントを限りなくゼロに

インシデントの被害防止に経営層は何をすべき? 調査から見えた2つのポイント

トレンドマイクロ株式会社

2019年4月~2020年3月の一年間でセキュリティインシデントを経験した組織は約8割に上る一方で、リスク管理やCSIRTの実効性が整っている企業はいまだ少ない。インシデントによる被害を抑制するために経営層や組織ができることとは?

大学でのセキュリティ課題の筆頭、「実効性のあるインシデント対応」の実現法は

トレンドマイクロ株式会社

大学でも民間企業と同様にセキュリティ侵害が増えている昨今、文部科学省も警鐘を鳴らしているものの、「CSIRT」の設置と運営をはじめハードルはまだまだ高い。実効性のあるインシデント対応体制を構築するには、何から始めれば良いのか。

クラウドのセキュリティ課題、設定ミスや未申告利用の見落としをどう防ぐ?

株式会社日立ソリューションズ

クラウドのセキュリティインシデントを防止するには、要因となる設定ミスや未申告のサービス利用をいかになくすかということが重要だ。人的ミスやチェック漏れのリスクを低減し、IaaS/PaaSの安全かつ効率的な運用を実現する方法とは?

「インシデント」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。