「エンタープライズ 市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「エンタープライズ 市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「エンタープライズ 市場」に関する記事情報

「エンタープライズインフラ」シェア(2020年)

2020年の国内エンタープライズインフラ市場規模は、対前年比5.4%減の6701億300万円だった。市場全体が縮小した中、シェア1位、2位のベンダーがともに売り上げを増やした。

コロナ禍で何があったか 「エンタープライズIT10大予測」から読み解く2020年と2021年

IDCが恒例の「国内IT市場の主要10項目」の2021年版を公開した。そこでコロナ禍前に発表された2020年版を振り返り、エンタープライズITがどのように変化したか、その変化が2021年にどう影響していくかを読み取る。

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは国内外付型エンタープライズストレージ市場の2019年第4四半期(10月~12月)および2019年通年実績を発表した。調査開始以来、国内大手3社の合計シェアは最低となった。

「エンタープライズインフラ」シェア(2018年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2018年国内市場規模は6785億円だった。前年度7位のベンダーは4位に上昇し、大躍進を見せる。その原因とは?

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

「外付型ストレージ」シェア(2017年第2四半期)

HDDからオールフラッシュへの移行が進む外付型エンタープライズストレージ市場。シェア情報を紹介する。

「外付型ストレージ」シェア(2017年第1四半期)

外付型エンタープライズストレージ市場は、HDDからフラッシュストレージへの移行が進む。シェア情報を紹介する。

レガシーITをレノボが破壊するか? データセンター向け新ブランドを発表

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがエンタープライズ製品の新ブランドを発表した。新社長が予測する2020年のIT市場とレノボの戦略とは?

「無線LANアクセスポイント」シェア(2015年度)

2015年度は数量ベースで489万2000台、金額ベースでは305億円だった同市場。エンタープライズ向けで占有率トップのベンダーとは?

「エンタープライズ 市場」に関するIT製品情報

効率性向上からデータ保護規制対応まで、HCIの導入メリットを総ざらい

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社

2021年までに現在の20億ドルから76億ドルにまで市場規模が成長するといわれるHCI。柔軟性と俊敏性を備えたHCIは、効率性向上からデータ保護規制への対処まで多くのメリットを持つ。企業が抱える最新の技術課題と、HCIの対応力を解説する。

完全NVMe対応、高速性を追求した次世代フラッシュストレージの実力は

東京エレクトロン デバイス株式会社

エンタープライズ市場でSSDの普及が進む一方、高密度化、高速化したSSDを生かす アーキテクチャを持つ製品は少ない。そこで脚光を浴びているのが、 アーキテクチャレベルでNVMeに最適化された新たなフラッシュストレージだ。

「エンタープライズ 市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。