「エンドポイントセキュリティ コスト」に関するIT製品を表示しています。

「エンドポイントセキュリティ コスト」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説エンドポイントセキュリティとは?

エンドポイントセキュリティとは、クライアントPCやサーバといったネットワークの末端=エンドポイントを守るためのセキュリティ対策のこと。標的型攻撃などの高度化された脅威は、周到な準備をした上で数多くの攻撃パターンを利用するといった手法がとられるため、従来の「外部からの侵入を許さない」入口対策では、一定以上のコストをかけても完全に防御を行うことは難しくなってきた。そのため、仮に攻撃を受けた場合にも、機密情報を外部に漏らさないような出口対策、つまり、エンドポイントセキュリティが重要になっている。侵入してしまったウイルスが社内で拡散するのを防ぎ、また外部に情報を送信したり、攻撃サーバからの司令を受け取ったりするための通信を遮断するためには、アンチウイルスやフィルタリング、メールセキュリティの利用、そして、情報の暗号化、ネットワークやシステムへのアクセスにおける認証、更には、情報えい防止ツールなどの導入が有効な手段となる

「エンドポイントセキュリティ コスト」に関するIT製品情報

“先読み防御”で未知の脅威を防ぐ、次世代エンドポイントセキュリティの実力

株式会社FFRI

テレワークや在宅勤務の普及などにより、サイバーセキュリティのトレンドは境界監視型からエンドポイント監視型へと移り、その手法もNGAVやEDRへと移行した。しかし、コストや運用の懸念はいまだ根強い。これを解決する方法とは?

エンドポイントセキュリティ対策サービス「秘文 Endpoint Protection Service」

株式会社日立ソリューションズ

エンドポイントセキュリティに必要な機能をサービスで提供。限られた人員と予算でも手軽かつ低コストに導入・運用が可能で、Windows10移行後の運用課題を解消。

運用・コスト・技術の三重苦を解消、次世代エンドポイントセキュリティの実力

株式会社シマンテック

重要データの存在するエンドポイントは、攻撃者にとっての最終目的地だ。デバイスが急増するクラウド時代に求められるエンドポイント保護とはどのようなものか。近年のセキュリティ動向を踏まえつつ、その要件を解説する。

運用負荷とコストを一元化 エンドポイントセキュリティを支える“MSS”とは

株式会社日立システムズ

マルウェアが急増・多様化する中、エンドポイントセキュリティには、攻撃前・攻撃中・攻撃後という3つのフェーズのカバーが求められる。だが、これだけ防御範囲が広がれば、運用負荷もコストも重くなってしまう。効率的な解決策が必要だ。

「エンドポイントセキュリティ コスト」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。