「ギットハブ・ジャパン合同会社」に関するIT製品を表示しています。

「ギットハブ・ジャパン合同会社」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ギットハブ・ジャパン合同会社」に関するIT製品情報

煩雑なブランチ管理を改善、GMOフィナンシャルHDが開発環境刷新で得た5つの効果

ギットハブ・ジャパン合同会社

GMOフィナンシャルホールディングスでは、集中リポジトリ型バージョン管理システムによる開発を行っていたが、生産性に課題を抱えていた。マージ作業の煩雑さやエラーの多さを解消するため、同社が選んだ新たな開発プラットフォームとは?

「auでんきアプリ」を4カ月でアジャイル開発、KDDIが選んだプラットフォームは

ギットハブ・ジャパン合同会社

KDDIでは、アジャイル開発を実践する中で、スピード感とコラボレーションの欠如を解決するため、開発プラットフォームの刷新に取り組んだ。従来環境の課題を解消し、わずか4カ月での「auでんきアプリ」の開発を実現したその実力に迫る。

DevOpsで開発環境をモダナイゼーション、失敗しないプラットフォームの選び方

ギットハブ・ジャパン合同会社

開発環境のモダナイゼーションを実現し、開発期間の長期化や修正コストの増大を解決する「DevOps」。その実践には、開発部門と運用部門が協業し、CI/CDを実現するプラットフォームが必要となる。

OSSで開発サイクルとコストはどれだけ変わる? 自動車業界のモダン開発手法

ギットハブ・ジャパン合同会社

大転換期を迎えた自動車業界では、ソフトウェア開発の必要性が増大し、パートナーとの連携がより重視されるようになってきた。そうした変化に対応する新たな製品開発プロセスとして注目されているのが、OSSを活用したモダン開発だ。

ソフトウェア開発におけるデータ保護、「規制」と「技術」の課題を克服するには

ギットハブ・ジャパン合同会社

機密データを保護するには、単体のソリューションに頼らない「階層化アプローチ」を採用し、セキュリティを中心に据える企業文化を築くことが有効だ。しかし一方で、厳格な規制や法令順守要件が開発の妨げとなるケースもある。

「ギットハブ・ジャパン合同会社」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。