「クラウドシフト」に関するIT製品を表示しています。

「クラウドシフト」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「クラウドシフト」に関する記事情報

コロナ特需後のIT投資動向に変化 DX「最後の投資先」とは

基幹システムのクラウドシフトが加速する中、深刻な「内製化力」の不足に注目が集まる。

「中小企業向けクラウドERP」徹底解説 コスト問題と後悔しないための確認ポイント

ひと昔は「ERP」と言えば、導入に莫大な人的、経済的コストがかかり中小企業には無縁のものと考えられがちだったが、業務システムのクラウドシフトが進む今となっては、数十人規模の中小企業でも導入できるライトなERPを利用できる時代になった。

基礎から学ぶ「RISE with SAP」 BTP活用事例3選とクラウドシフトを徹底解説

2021年にSAPが発表した「RISE with SAP」は、クラウドシフトを加速させる。ここで改めてERPの現状と未来、トレンドを分析し、RISE with SAPや関連サービスBTPの活用事例を紹介する。

Azure ADの導入と運用のコツを解説 移行でボトルネックとなるポイントとは?

クラウドシフトに伴い、Microsoftのクラウドサービス「Azure Active Directory」が注目を集める。前編ではオンプレミスの「Active Directory」との違いやライセンス選定のポイントを解説した。後編となる本稿では、Azure ADの強力な機能やオンプレミスからの移行ポイント、運用負荷を軽減するコツを紹介する。

Azure ADの基礎を解説 オンプレとの違いやライセンス選定のポイントとは

クラウドシフトに伴い、オンプレミスで用いられる「Active Directory」の機能をクラウドでも使いたいという要望は多い。Microsoftがクラウドサービスとして提供する「Azure Active Directory」はActive Directoryの代替サービスになるのか、はたまた別物のサービスなのか。Microsoftサービスの開発と導入の専門家が、前編と後編にわたって解説する。

インターネットブレークアウトは進んでいる? ネットワーク動向最新調査

業務環境がクラウドシフトする昨今、センター集中型のネットワークは非効率的だ。VPN通信を終端する装置への設備負担を減らす「インターネットブレークアウト」への注目度はどれほどか。企業のネットワーク環境の現況を紹介する。

たった一人の5年間……事例で見る中小企業のぼっちDX「カンどころ」

中小企業はIT人材や予算の不足から大企業よりもDXが進みにくい。その中でも難関といえるのが経営者の説得と社内外の協力の獲得だ。少数のIT担当者でクラウドシフトを遂げた2社の事例から見える「勝ち筋」とは。

NECが実践して分かった「ERPの脱オンプレ」の成否を決める7つのステップとは?

企業の間で“脱オンプレ”の動きが進む。NECはサイロ化した基幹システムの刷新において、クラウドの道を選択した。当初は、SAP ERPからオンプレミスのSAP S/4HANAへの移行を検討していたが、それを振り切って完全クラウドシフトを決意した。

最新版の「Box Shuttle」はクラウドシフトの救いの手となるか?

Box Japanは「Box Shuttle」を刷新する。オンプレミスシステムやクラウドとの各種コネクタを備え、ペタバイト規模のデータ移行を可能とする。

1日1万件の処理を自動化、三井情報がたどったRPA導入までの苦悩と道筋

三井情報は基幹系システムのクラウドシフトを進め、SAP S/4HANA CloudとSalesforce Sales Cloudとの連携を図った。しかし、提供されているAPIだけでは両システムへのデータ連携は困難だった。

「クラウドシフト」に関するIT製品情報

クラウド移行を成功させる3つのステップ:イノベーターから学ぶ“教訓”とは?

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

クラウドやAI、ビッグデータの活用は、競争力強化とコスト削減を目指す上で不可欠となる。その中核となるインフラのクラウドシフトにおいて、組織が経験することとなる3つのフェーズと、各段階におけるベストプラクティスを考察する。

1000台の仮想マシンバックアップを3時間弱で、クラウドデータ保護の最適解とは

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

クラウドシフトに伴い、多くの企業でデータセンターの仮想化が急務となっているが、これによりインフラが複雑化し、データ保護を困難なものにしている。そこで注目したいのが、クラウドに最適化された高速&確実なバックアップ製品だ。

海外拠点のSaaS活用は「もろ刃の剣」 高まるセキュリティリスクへの対策は?

株式会社IIJグローバルソリューションズ

海外進出企業では、クラウドシフトに伴うグローバルインフラ統合が必要だ。ビジネススピードを落とさず、かつセキュリティを確保する方法として、ネットワークとセキュリティをクラウドで提供するソリューションが注目されている。

「クラウドシフト」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。