「スマートフォン シェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「スマートフォン シェア」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説スマートフォン(スマホ)とは?

スマートフォンは、PCのように自分で好きなアプリケーションを自由にインストールできる携帯電話。従来の携帯電話よりも画面サイズが大きく、タッチパネルが採用されている。AndroidあるいはiOSといったOSが搭載されていて、PCと同じようにブラウザを使ってWebサイトにアクセスしたり、メールソフトを使ってメールやファイルをやりとりしたり、専用サイトからいろいろなアプリケーションをダウンロードして利用したりと、インターネットに常時つながって便利な使い方ができることを念頭に設計されたデバイス。

「スマートフォン シェア」に関する記事情報

スマートフォンシェア(2021年第2四半期)

IDC Japanは、従来型携帯電話とスマートフォンの、2021年第2四半期の国内出荷台数を発表した。Android端末は、ある国のベンダーの5Gモデルが増えた。iOSのシェアに挑むベンダーは?

「スマートフォン」シェア(2020年第4四半期/通年)

外資系メーカーがスペックや価格に幅のある製品展開でしのぎを削る中、国産メーカーの独自の生き残り戦略が数字にも表れた

「スマートフォン」シェア(2020年第1四半期)

IDC Japanが発表した2020年第1四半期の携帯電話およびスマートフォンの出荷台数は、コロナ禍でありながらわずかにプラス成長を見せた。

「スマートフォン」シェア(2019年第3四半期)

IDC Japanは、「2019年第3四半期国内携帯電話・スマートフォン市場実績値」を発表した。スマートフォン市場を縮小させる要因とは。

「スマートフォン」シェア(2019年第2四半期)

国内のスマートフォンと従来型携帯電話の出荷台数は前年同期比1.4%減の707.3万台だった。アップルのiPhone出荷が前年を上回る出荷を実現しシェアを維持した一方、Android陣営はハイエンド機種の出荷抑制傾向によって伸び悩んだ。

「スマートフォン」シェア(2019年第1四半期)

IDC Japanは、「2019年第1四半期国内携帯電話・スマートフォン市場実績値」を発表した。2019年春に発表された「分離プラン」は携帯電話、スマートフォン市場にどれだけ影響を与えたか。

「スマートフォン」シェア(2018年第3四半期)

国内の携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増の745万台だった。iOSの新製品が前年を上回る出荷を実現し大きくシェアを回復した。Android陣営はベンダーによって勝敗が分かれた。

「スマートフォン」シェア(2018年第2四半期)

国内の携帯電話出荷台数は前年同期比0.9%増の717万台だった。Androidが好調な一方で、iOSが大きくシェアを落とした。

「スマートフォン」シェア(2018年第1四半期)

ついに従来型携帯電話の出荷が「ゼロ」に。国産スマホメーカーの首位争いにも変化あり。2018年第1四半期シェアはどうなった。

「スマートフォン」シェア(2017年第4四半期)

2017年通期の国内スマートフォンシェアがまとまった。首位アップルを追撃する2番手の国内ベンダーとは?

「スマートフォン シェア」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。