「セキュリティ リスク 対策」に関するIT製品を表示しています。

「セキュリティ リスク 対策」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「セキュリティ リスク 対策」に関する記事情報

“意外な脅威”が大事故に テレワークセキュリティ再点検の指南書

テレワーク環境は、情報漏えいやウイルス感染を招くさまざまなセキュリティリスクをはらんでいる。対策している企業でも見落としがちなポイントを専門家が総整理した。

情報ダダ漏れの原因は経営層? トホホなセキュリティ対策の現実:662nd Lap

セキュリティインシデントが絶えない中で、企業では「添付ファイルに気を付けろ」などと情シスや経営層が強く従業員に注意喚起していることだろう。しかし、経営層こそが情報漏えいのリスク要因になり得るという結果が報告された。

DXを見据えて意識すべき、テレワークの情報漏えいリスクと対策

テレワークにおいては、さまざまな要因によって情報漏えいのリスクが生じる。情報漏えいの要因を「環境」「利用者」「デバイス」「ネットワーク」4つの観点で整理し、その対策を考える。DX(デジタルトランスフォーメーション)を見据えて意識すべきテレワークセキュリティの考え方とは。

7割の企業が脆弱性を放置 Windows FUなど更新パッチ適用の先延ばしは重大なリスクに

Windows OSの活用に更新パッチの適切なタイミングでの適用は不可欠だ。しかし、タニウムの調査では多くの企業が適用できていないことが明らかとなった。そのことがどのようなセキュリティリスクにつながるのか、最新のApache Log4J問題などを含め"脆弱性対策の最初の一歩"について専門家が語る。

テレワーク環境別に考える、VPNおよびリモート端末のリスクと対策

テレワーク環境を3つのパターンに分けて、それぞれで発生するセキュリティリスクを整理した上で、その対策を指南する。

2021年の個人情報保護はこう変わる セキュリティ対応のポイントを弁護士が解説

個人情報の保護を単なるコンプライアンス対策ではなく、ビジネスリスクの低減と企業競争力の強化を図る機会として対応サイクルを回すには、国内外の最新動向を知る必要がある。同分野で著名な弁護士が語る「2021年の対応のポイント」とは。

SASEとは? ゼロトラスト、リーントラストとの関係と構成要素……各セキュリティ用語の概要と違い(2)

従来の境界型防御では対策しきれないリスクの増大を受け、新しいセキュリティの概念やフレームワークが提唱されている。ゼロトラストとリーントラストの違いやZTAとSASE、CARTAの概要を3回に分けて解説する。

ゼロトラスト、ZTA、SASE、CARTA、リーントラスト……各セキュリティ用語の概要と違い(1)

従来の境界型防御では対策しきれないリスクの増大を受け、新しいセキュリティの概念やフレームワークが提唱されている。ゼロトラストとリーントラストの違いやZTAとSASE、CARTAの概要を3回に分けて解説する。

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

「セキュリティ リスク 対策」に関するIT製品情報

医療業務の存続を脅かす、「医療情報セキュリティ」への5つの誤解とは?

トレンドマイクロ株式会社

医療業界でサイバー攻撃の被害が相次いでいるが、医療情報セキュリティに対する誤解が根強く残る国内医療機関の反応は鈍い。そこで、医療業務の存続においてリスクとなり得る、これらの誤解と早急に取り組むべき対策について解説する。

テレワークやマイナンバーでリスク増大? 自治体にいま必要なセキュリティ対策

トレンドマイクロ株式会社

情報セキュリティ対策の見直しを積極的に行っている自治体だが、テレワークの推進や、マイナンバーの利用範囲拡大により、さらなるリスクの増加が見込まれている。現状の問題点を明らかにするとともに、今後必要とされる対策を解説する。

リモートワークがデータを脅威にさらす? 今必要なセキュリティ対策の4要素

デル株式会社

モバイル/リモートワークの定着は生産性向上など多くのメリットをもたらす一方、効率性を重視するあまりセキュリティの“バイパス”が発生するなど、データ保護におけるリスクも増加している。これを解決するために必要な4つの要素とは?

ゼロトラストによる特権アクセスを実現する4つの要件とは

CyberArk Software株式会社

重要システムへの特権アクセスを外部委託業者や社員に許可している企業は多いが、セキュリティ対策が不十分だとさまざまなリスクを招くことになる。調査結果を基に、リモートからの特権アクセス保護に関する課題と解決策を探る。

クラウドストレージの利便性とセキュリティを両立する「暗号化DRM」の要件

株式会社DataClasys

企業が保存するデータの肥大化を受け、クラウドストレージの利用が拡大している。そこで悩ましいのが情報漏えいリスクへの対策だ。万が一、データが流出した際に最後の砦となる「暗号化」の要件を押さえておこう。

「セキュリティ リスク 対策」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。