「ツール 市場」に関するIT製品を表示しています。

「ツール 市場」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ツール 市場」に関する記事情報

法人向けAI翻訳サービスとは? 特徴と選定ポイント、運用の注意点を徹底解説

近年、AI翻訳サービスの精度が飛躍的に向上し、業務での利用を考える企業もあるだろう。市場では無料ツールも提供されているが、業務利用するにあたって注意点がある。法人向けAI翻訳サービスの特徴と選定ポイント、運用の注意点、事例を徹底解説する。

テレワークで複雑化するクラウド環境 セキュリティツールの需要はどう変わったか

IDC Japanが発表した最新の国内情報セキュリティソフトウェア市場予測では、SaaS型製品の高い成長率が明らかとなった。その背景にはデータセキュリティやデータガバナンスの確保といった企業の社会的責任もあるようだ。

ハイブリッドワーク需要で急拡大する「働き方の未来」市場 最新予測

IDC Japanによる最新予測では「働き方の未来」に関する市場は拡大を見込んでいる。ハイブリッドワーク需要でコラボレーションツールや人財管理ツールに注目が集まっているようだ。

RPAに遅れてやってきたプロセスマイニング、市場が急成長する理由

コロナ禍において、プロセス・マイニングツール市場が高い成長率を示している。認知度も向上しているが、背景にどのようなイベントがあるのか。

ITリテラシが高いはずの若手がハマる「働き方改悪」、脳機能から見る組織の課題とは

ソフトウェア市場の拡大により、経費精算など特定の業務に特化した業務用アプリケーションが多数登場している。中には、会議室を予約するためだけのアプリケーションなどもある。ツールが分散した結果、業務を阻害している可能性もあるようだ。

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

ITシステム管理ツールはSaaS型が急成長、その領域は?

2017年のITシステム/サービス管理ソフト市場規模は約2707億円だった。企業はクラウドの運用管理の効率化に向けて投資を拡大している。シェア1位となったベンダーとは?

リモートアクセスツール市場はどこまで伸びるのか?

働き方改革への取り組み意向を持つ企業は約8割。人材確保や長時間労働の抑制を狙って、テレワーク環境を構築するツールに注目が集まる。

「SIM/SIEM」シェア(2016年度)

統合ログ管理ツール(SIM/SIEM)の2016年度の国内市場は約74億円。シェア情報を紹介する。

「モバイルセキュリティ管理ツール」シェア(2016年度)

2016年のモバイルセキュリティ管理ツールの市場規模は74億円。シェア情報を紹介する。

「ツール 市場」に関するIT製品情報

統合PPMソフトウェア Planisware Enterprise

イノベーションフレームワークテクノロジー・プラニスウェア株式会社

ガートナー、フォレスターに市場リーダーとして選び続けられる、PPMツールのグローバルスタンダード※。企業のプロジェクト・ポートフォリオマネジメントを効率的に支援。

カスタマイズ自在、データから“勝ちパターン”を発見する「成長型SFA」の実力

株式会社ジャストシステム

SFAを導入する企業が増加する一方で、事業の拡大や市場の変化にツールが対応できず、現場にも定着していないケースは少なくない。そこで注目したいのが、ニーズに合わせて自在にカスタマイズ可能な“成長型”のSFAだ。

BIと企業業績管理を統合、KPMG Financeの意思決定プロセスを変えたツールとは?

BOARD Japan株式会社

KPMG Financeでは、市場変化の早さに対応するため、データ分析や経営計画、予算シミュレーションなどを、総合的に扱えるシステムを必要としていた。ユーザーの操作性とデータへのアクセス性を要件に、同社が選んだツールの実力に迫る。

AIチャットボット最前線:4つの事例から見えてくるサービスの可能性

エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

企業と顧客をつなげるツール「チャットボット」。近年では、AI/ディープラーニング技術を取り入れ、“ユーザーとの自然な対話”が行えるサービスとして市場を拡大している。最新AIチャットボットの特徴と効果的な活用方法に迫る。

ユーザーの積極活用とガバナンスを両立する、セルフサービスBI選びの秘訣とは?

Tableau, A Salesforce Company

BI市場での競争が激化し、またビジュアル分析など高度な分析ニーズの高まりもあり、自社に最適かつ長く使えるツールを選ぶのは困難になっている。特に最新のセルフサービスBI導入において、検討すべきポイントとは何だろうか。

「ツール 市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。