「テレワーク 調査」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「テレワーク 調査」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「テレワーク 調査」に関する記事情報

テレワークの若手の4割は転職希望 部下が辞める上司の特徴とは

リモートシフトが進む中、成長に対する不安を抱える若手社員は多い。Institution for a Global Societyの調査から、上司と部下間で起きるコミュニケーション認識のずれや、上司の“受け入れがたい”自己評価と他者評価のギャップが明らかになった。

メール送信相手ミス、添付ファイルを誤送……テレワーカーを襲うオンラインコミュニケーションの課題

オンラインコミュニケーションに関する調査結果によるとオンラインコミュニケーションでセキュリティに関するミスを経験した人の割合は35%。テレワークを実施している人ほど、そうでない人と比べてミスをした割合も高かった。

テレワーカーが見落とすキャリアパスの罠 "警報を発すべき"調査結果も

2021年残すところあとわずかだが、多くの企業でテレワークに対する意見が割れたままだ。Future Forumの調査から、役員と従業員のオフィス出社に対する意見の違いや、テレワーカーとオンサイトワーカーがひそかにされている"扱いの違い"などが明らかになる。

2022年もテレワークを続ける? 企業の意識調査、2年目もアレが課題

テレワーク導入後の変化に関する調査結果によると、現在も出社率が50%未満の企業が大半を占めるようだ。今後の継続可否について企業はどう考えているのだろうか。

分かっちゃいるけどやめられない? ID、パスワード使い回しの実態調査

新たに発表された「コロナ禍以降のアカウント情報管理に関する意識調査」の結果では、大半の従業員が、テレワークで新たに使い始めたクラウドサービスで既に使っているIDやパスワードを再利用していることが明らかとなった。

日本は米国、英国より出遅れ? テレワーク向けセキュリティ調査

新たに公表されたコロナ禍のサイバーセキュリティに関する調査では、テレワークを支援するために新規でセキュリティ対策を導入した日本企業の割合は73%で、米国や英国よりも10ポイント以上低かった。

「チームでやってる感」は幻想? 日本のテレワークのトホホな実情

テレワークに関する最新調査で、日本ではチームコラボレーションに大きな課題が生じていることが明らかになった。

テレワークシフトが一段落 企業ネットワークの新たなフェーズは?

2020年はコロナ禍の対宅対応に追われたネットワーク部門。2021年は落ち着きを取り戻しつつあるように思えるが、調査によって新たな課題が浮き彫りになった。ネクストノーマル社会に合った最新ソリューション導入の動向を見ていく。

標的型攻撃への対策状況(2021年)前編

テレワークの定着によって標的型攻撃がどのように「進化」しているのか、企業の対策はどの程度進んでいるのかを調査したところ、全体的には明確な進歩が見られる一方で「狙い目」になっている可能性のある企業も見えた。

今後テレワークは継続か縮小か? 調査から見る企業の意向

新型コロナウイルス感染症の影響によって多くの企業でテレワーク環境の整備が進められている。今後はどんな展開が予測されるのか。テレワーク環境の今後について概観する。

「テレワーク 調査」に関するIT製品情報

働き方改革時代に求められる勤怠管理システム、企業調査から見えてきた要件とは

SCSK株式会社

働き方改革関連法という変革の矢面に立つ人事部門。テレワークなど柔軟な働き方に対応した勤怠業務の適正化は、多くの組織にとって喫緊の課題となっている。そのために勤怠管理をどうシステム化すべきなのか、企業調査から読み解く。

「テレワーク 調査」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。