「デジタルフォレンジック 資格」に近い情報
「資格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「資格」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説フォレンジックとは?

フォレンジックとは、一般的に「法廷の~」「法医学の~」といった言葉を指す形容詞で、フォレンジックスという名詞になると、「鑑識課」「科学捜査」などの意味を持つ。ここでは、デジタルフォレンジックのことを指し、過去に発生したITに関する事象の証拠保全・不正アクセスの追跡を行う手段のこと。フォレンジックツールはコンピュータやネットワークを使った事件が発生した後の「証拠保全」「解析」「証拠提出」の機能を持ち合わせているものである。

「資格」に関する記事情報

「G検定」「E資格」とは? 難易度や合格率、問題の傾向を解説

AI(人工知能)を有効に活用できる人材の育成を目的として日本ディープラーニング協会が主催するもので、ゼネラリスト向けの「G検定」とエンジニア向けの「E資格」に分かれる。

稼げるIT資格ランキング 2022年版

IT分野の従業員の92%が何らかのIT資格を取得している。調査の結果、最も平均年収の高い資格と、業種を限定せずに需要の高い分野の資格が明らかになった。

IT資格の取得状況(2021年)/後編

資格取得のモチベーション維持に必要なのが、資格取得支援制度や資格取得の奨励制度だ。しかし、理想と現実は大きく異なるようだ。勤務先の支援制度に多くの不満が寄せられた。

IT資格の取得状況(2021年)/前編

職能別の人材配置など国内でも人事改革が少しずつ進みつつある。今後この動きが活発化すれば、より自身の職能を明確化する必要がある。その手段の一つに「資格」があるが、2021年のIT資格の保有状況はどうだったのだろうか。

“脱VPN”で「運用負荷が高まるテレワーク」から脱却できたワケ

1人の担当者がプライバシーマークの認証資格管理、契約管理業務とシステム対応を兼務する、いわゆる“ワンオペ情シス”状態だった中小企業が、なぜスピーディーにテレワーク体制を構築できたのか。管理担当者が当時を語った。

IT資格とプログラミング言語の最新トレンド ~取るべき資格、稼げる言語~

求められるIT人材になるには、時代のニーズにマッチしたスキルや技術を習得するとともに、自身の保有する能力を明確化することも必要だ。IT資格とプログラミングのトレンドをブックレット(全18ページ)にまとめ、提供する。

話題のAI資格「G検定」とは? 数学苦手の記者が育休中に受けてみた

AI(人工知能)の基礎的な知識が身に付くとして認知度を上げているG検定。数学苦手の“ド文系”で、育児休暇中の記者が受験してみました。20日で挑んだ際の勉強方法やおすすめの参考書、受験のメリットをまとめます。

IT資格の取得状況(2020年)/後編

前編ではIT資格の保有状況や保有する資格に焦点を当てて調査結果を紹介したが、後編ではコロナ禍で先行きが不透明な時代においてIT資格を取得する意味、そして2021年に注目されるであろう資格を読者に尋ねた結果をまとめた。

IT資格の取得状況(2020年)/前編

2020年はコロナ一色の1年だったが、IT資格の保有状況に何か影響はあったのだろうか。また読者が今狙っている資格はどれか。アンケート調査を基に、IT資格取得の今をお伝えする。

「資格」に関するIT製品情報

システム運用サービス

CTCシステムマネジメント株式会社

IT資格を有するプロフェッショナルが、運用改善手法までを提案!

「資格」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。