「データセンター 市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データセンター 市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説データセンターとは?

データセンタとは、サーバやネットワーク装置などのIT機器類を集約して設置、管理するための建物自体を指すが、データセンタ事業者ではそれらの機器、あるいはスペースを顧客企業などに提供している。代表的なサービスは、1つ目がデータセンタ事業者が保有するサーバの処理能力をネットワーク経由でユーザー企業に貸し出すホスティング、そしてもう1つが、ユーザー企業の所有するIT機器類をデータセンタ内に設置し、安全に保管するハウジングで、さらにそれらのリソースをもとに、各種クラウドサービスの提供を手掛けるケースも増えている。 データセンタでは情報システムを安全に稼働させるために、サーバラックや電源、ネットワーク回線、空調機器といった通常の設備に加えて、災害発生時に備えた耐震・免震構造や消火設備、UPSや自家発電装置、更にはセンタ内のIT機器類が滞りなく稼働しているかをシステムオペレーターが常時監視するための監視ルームなどが設けられている。

「データセンター 市場」に関する記事情報

国内データセンター市場予測、IDC Japanと富士キメラ総研を比べてみた

国内データセンター市場の成長が続いている。IDCと富士キメラ総研がそれぞれ発表した予測を比較した。2社の見通しから見えるデータセンターの実態と未来とは。

国内データセンターの建築ラッシュ続く、2025年までの市場予測

IDC Japanが国内事業者のデータセンターの延床面積予測を発表した。2020~2025年までのCAGRは6.7%を見込み、建築ラッシュに伴う関連産業の需要増も予測される。

IaaS/PaaSの市場規模がハウジングを抜く 国内データセンタービジネス市場予測

富士キメラ総研の調査によると、従来データセンターサービス市場の中心であったハウジング市場をIaaS/PaaS市場が上回る結果となり、今後もその傾向は顕著になると予測されている。また、これまで半々だった国内のオンプレミスとデータセンター内稼働サーバの割合にも、大きな変化が訪れそうだ。

国内SDN市場は今後5年間で3倍に成長、その要因とは?

データセンターを中心に立ち上がったSDN/NFV市場が大きな成長を続けている。2022年の市場規模は1759億円と2017年の約3.4倍になるとみられる。その要因は何か?

企業向けITインフラの市場規模は? キーワードは「DX」

サーバやストレージ、データセンター向けネットワークといったITインフラはDX推進を支えるための基盤ともいえる。2017年の市場規模はおよそ7213億円だった。

レガシーITをレノボが破壊するか? データセンター向け新ブランドを発表

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがエンタープライズ製品の新ブランドを発表した。新社長が予測する2020年のIT市場とレノボの戦略とは?

「データセンター 市場」に関するIT製品情報

小規模オフィスからデータセンターまで、幅広く活躍するオールフラッシュの要件

ネットアップ合同会社

ハイブリッドクラウド時代の標準ストレージとして、オールフラッシュアレイ市場が拡大している。従来は価格面がネックだったが、現在ではエントリーモデルでも優れたデータ効率化機能を搭載するなど、手の届きやすい存在となってきた。

HCI導入を増加させる重要な市場動向、新世代HCIが選ばれる理由は?

株式会社日立システムズ

ITインフラの運用コスト急増は見過ごせない課題となり、データセンター資産の調達と管理に関する既存の手法を見直す企業が世界中で増えている。こうした課題を解決する新世代HCIの投資対効果を検証した。

「データセンター 市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。