「ノーコード ローコード開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ノーコード ローコード開発」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「ノーコード ローコード開発」に関する記事情報

ブラックボックスの悪夢再び? ノーコード/ローコード開発ツールのリアルな評価と生かし方

近年にわかに「ノーコード」「ローコード」という用語を聞くようになった。ノーコード/ローコード開発ツールのメリットや生かし方、導入状況や現状の課題を紹介する。

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2021年)後編

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、企業ではどのようなシーンで活用されているのだろうか。開発作業者の「所属部門」や「コーディングスキルのレベル」「開発スキルの教育・習得方法」「開発しているアプリケーション」「パッケージ製品とのすみ分け方法」などを調査した。

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2021年)/前編

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、その評価は2分するようだ。どれほど導入が進んでいるのか。

ノーコード/ローコードとは? メリットや両者の違い、導入のポイントを総整理

ノーコード/ローコード開発ツールが、ITの民主化を促すとして注目を集めている。ノーコードとローコードの違い、メリットやデメリット、導入形態、開発作業のイメージ、導入する際に気を付けるポイントなどを総整理する。

ノーコード/ローコードとは? メリットや両者の違い、導入のポイントを総整理

ノーコード/ローコード開発ツールが、ITの民主化を促すとして注目を集めている。ノーコードとローコードの違い、メリットやデメリット、導入形態、開発作業のイメージ、導入する際に気を付けるポイントなどを総整理する。

「ノーコード ローコード開発」に関するIT製品情報

ノーコード・ローコード開発ツール「Accel-Mart Quick」

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

プログラミングの知識がなくても、誰でも業務用のアプリケーションを開発できるクラウドサービス。またプログラミング上級者用に充実した開発環境を提供することも可能。

「ノーコード ローコード開発」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。