「フラッシュ ストレージ システム」に関するIT製品を表示しています。

「フラッシュ ストレージ システム」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「フラッシュ ストレージ システム」に関する記事情報

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第4四半期および2018年)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比3.8%増の445億1400万円だった。2017年に引き続き2018年もHDDからフラッシュへの移行が進んでいるが、どう推移したか。

「フラッシュ ストレージ システム」に関するIT製品情報

仮想化基盤の性能/容量問題を一掃、小千谷市の業務を支える高性能ストレージ

日本ヒューレット・パッカード合同会社

新潟県の小千谷市では、セキュリティ強化のためサーバや新システムを増やしたことで、仮想化基盤の性能・容量が限界に達していた。その問題を解決するため同市が採用した、オールフラッシュ並みの性能を低コストで実現するストレージとは?

15分未満のRTOとRPOを実現、大規模化が進む仮想化環境におけるデータ保護の秘訣

東京エレクトロン デバイス株式会社

仮想化環境へのフラッシュストレージの採用が進む一方、その大規模化・複雑化によりバックアップやDR対策の新たな課題が見えてきた。バックアップシステムの確実性と可視性を高め、運用を容易にする方法とは?

飛躍的な速度向上と永久保証を実現するNVMe対応オールフラッシュ製品

東京エレクトロン デバイス株式会社

SSDへ移行し大容量化が進むが、インタフェースがSAS対応ではボトルネックとなる ため、NVMe対応のオールフラッシュストレージが求められる。また、Pure Storage は永久保証かつシステム更新不要で、継続的にプラットフォームを利用可能だ。

I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは

日本アイ・ビー・エム株式会社

シンクライアントシステムで課題となるのが、ストレージに対するI/O処理の 集中だ。JAとぴあ浜松もこの課題に直面。その解決策として採用したのが、 オールフラッシュストレージと高速分散ファイルシステムだった。

「フラッシュ ストレージ システム」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。