「ラーニング 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ラーニング 意味」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ラーニング 意味」に関する記事情報

G検定受験者の特性は? 受験した目的は?【2021年調査】

日本ディープラーニング協会は、G検定の試験実施レポートを公開した。どのような年齢層や業種、職種の人が受験しているのか。どのような目的で受験を決めたのか。

AIモデルをブラックボックス化しない「バイラテラルAI」とは?

ディープラーニングで学習したAIモデルは、「なぜそのような出力結果になるのか」が説明できないのが弱点だ。それに対して、人間と機械(AI)が対話を繰り返しながら機械制御に役立つモデルを導き出し、出力結果を明確に説明可能にするのが「バイラテラルAI」だ。いったいどんな仕組みで、何に役立つのだろうか?

eラーニング市場最新予測、コロナ禍で需要増も法人向けは微妙な伸び?

コロナ禍でユーザーが増加するeラーニング市場だが、金額ベースでの市場成長はそれに比例しないようだ。

ディープラーニングを用いたAIは企業に浸透するのか

ディープラーニングを中心に盛り上がってきた第3次AIブーム。ディープラーニングを活用したAI企業システムが汎用(はんよう)化される日は来るのだろうか。

職人 vs. ディープラーニング、AIの本当の価値とは

日々、日進月歩で進化するAIも、現状では熟練者の「職人ワザ」を再現することは難しいといわれています。AIを活用しても現場の完全無人化は難しいのです。では、今AIを導入する価値とは何なのでしょうか。

ディープラーニング、必要な画像データ数と種類の真実

ディープラーニングを画像認識に活用するためには、学習の段階でどのようなステップを踏む必要があるのしょうか。必要な画像データ数や、画像の種類は? 具体例で説明します。

表で分かる、ディープラーニングと従来の画像認識の違い

ディープラーニングを使った画像認識は、従来の方式と何が違うのでしょうか。現場の技術レベルや認識対象の特長といった項目ごとに、表で説明します。さらに、ディープラーニングを使うべきではないケースについてもお伝えします。

3分で知る、ディープラーニングで「できること」「できないこと」

従来の機械学習に比べて、圧倒的な精度を誇る深層学習。しかし、なぜそれが可能なのでしょうか。その仕組みを知ると、深層学習の「できること」「できないこと」が見えてきます。

aiboのAIから見るソニーの本気、ディープラーニングツールを公開

新型aiboで注目されるソニー、実は2010年からディープラーニングへの取り組みを開始している。aiboにも搭載されているそのツールの特徴とは?

ディープラーニングを大幅短時間化「MN-1」って何?

2017年末の性能ランキングで高順位をマークしたプライベートスパコン「MN-1」。汎用GPUが開く、ディープラーニングの新機軸とは?

「ラーニング 意味」に関するIT製品情報

playse. eラーニング

株式会社manebi

約3000の教材が見放題。社員研修をすぐに開始でき、オンライン教育で業務知識や事業力の向上を支援。業種や教育方針に合わせた長期的な社員育成に活用できる。

能動的な学習で定着率向上、IT研修の新機軸「アクティブeラーニング」とは?

キラメックス株式会社

社内研修の満足度が上がらないのは、受動的な学習姿勢を強いられるその"形式"に原因があることが多い。そこで注目したいのが、自発的に調べたりアウトプットしたりという、能動的な学習内容を取り入れた「アクティブeラーニング」だ。

ニューラルネットワークの視点で考える、ディープラーニングモデル作成

SAS Institute Japan株式会社

ディープラーニングを実業務へ展開する上で障壁となるのが、データ処理に用いられる「ニューラルネットワークアーキテクチャ」の複雑さだ。その仕組みを解説するとともに、モデル作成を支援するソリューションを紹介する。

産業用画像分析に特化したディープラーニング技術とは

アプライド株式会社

ディープラーニングの製造業現場での活用事例が出始めている。特に画像認識技術を活用した検査では、目視検査の柔軟性とコンピュータシステムの繰り返し性、高速演算能力を組み合わせた対応により、自動化を実現する。

eラーニングの効果を向上、3社の事例で学ぶ「コンテンツ内製化」のポイント

株式会社サイバー大学

社員教育の一環として普及するeラーニングだが、実践的な教育ができない、受講率が低いなど課題を抱える企業も少なくない。そこで検討したいのが、自社業務に直結した内容でさまざまな工夫も加えることができる「コンテンツ内製」だ。

「ラーニング 意味」に関する新着セミナー

最新サイバー攻撃はAI(ディープラーニング)で防御!~管理工数を増やさず確実に~

サイバネットシステム株式会社

2022/03/25(金)10:30~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | エンドポイントセキュリティ

「ラーニング 意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。