「レガシー 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「レガシー 意味」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「レガシー 意味」に関する記事情報

Slack活性化のコツは「褒めとノリ」 コープさっぽろがやって分かった6つのこと

アナログでレガシーな組織だったコープさっぽろが、デジタルシフトの一つの手段としてSlackを導入した。旧態依然とした組織に、どうやってSlackを浸透させることに成功したのか。同社が体験した6つのエピソードを紹介する。

レガシー情報機器の利用状況(2022年)/後編

テレワークの普及によって電話やFAXといった「オフィスに出勤することを前提とした情報機器」を利用する機会が減る一方で、「廃止すると失注する」「経営者が廃止を望まない」といった理由で「レガシーな資産」がいまだに使われ続けているケースもあるようだ。

ハナマルキの脱レガシー事例、Google Workspaceで「30万枚の紙削減」を実現した日本流の工夫とは

老舗企業ハナマルキはGoogle Workspaceの導入によって東京本社の紙の購入枚数を約40%削減するなど、業務のオンラインシフトにまい進してきた。その原動力となったのが、Googleオフィス訪問でのある体験だ。

レガシー情報機器の利用状況(2022年)/前編

固定電話やFAXなど、オフィスでの利用を想定した情報機器はコロナ禍でどのように利用状況が変化しているのか。テレワークシフトなど労働環境の変化を機に、これらを廃止したいと考える企業がある一方で、さまざまな理由から廃止はしないとする企業もあるようだ。

Windows 11でもレガシーシステムは動くのか? 十数年前の基幹システムを動かしてみた

まだ多くの企業が「Windows 10」を使い続ける中で、気になるのがWindows 11での業務系システムの動作。十数年前にスクラッチで開発されたクラサバ型の基幹システムはWindows 11でも動作するのでしょうか。

楽天、カルビー、京セラ、オープンハウス 有名企業の“どろ沼業務”改革の裏側

誰もが知る大手企業も多くのシステムの課題を抱えている。楽天、カルビー、京セラ、オープンハウスの“泥沼業務”の改革秘話から、レガシーシステムから脱却するヒントを探る。

“超レガシー”なコープさっぽろ、AWS移行まつりをどう成し遂げたのか

長年運用してきたレガシーシステムを抱え、「負債の宝庫」となっていたコープさっぽろ。全てのシステムをAWS環境に移行させるプロジェクトを推進している。レガシーシステムをAWSに移行させる際のポイントとは。

マルチベンダー開発で失敗する理由、中小企業が予算の3分の1で「大急ぎDX」を実現した方法

デスクトップPCとFAXで業務を続ける企業が脱レガシーに舵を切った。サーバの保守期限切れが間近に迫る中で“大急ぎのDX”を余儀なくされ、複数のITベンダーと並行してシステム開発をする「マルチベンダー開発」の手法を取ったという。課題と成功の秘訣とは。

Teams電話とは? クラウドPBXの違いと”電話”の強みを生かす選び方

レガシー業務の見直しが進む中でも「電話応対のための出社」や「従業員の個人電話利用」が続くのは、ビジネスにおいて電話に強みがあるためだ。その強みを生かしたままニューノーマルに対応する手段がある。

リモートビジネスの課題は人事業務……採用、教育、評価の「脱レガシー」企業の対応に差

コロナ禍以前からテレワークを導入していても人材の採用や教育、人事評価のリモート化を想定していなかった企業もあれば、従来から遠方との面接をWeb会議ツールで実施していた企業もある。人事業務のニューノーマル対応がどの程度進んだのかを調査した。

「レガシー 意味」に関するIT製品情報

ネットワークモダン化の近道、自動化&アナリティクスで得られる3つの価値とは

エイチ・シー・ネットワークス株式会社

レガシーなネットワークを改善する手段として、次世代のスイッチングインフラと管理ツールに目を向ける企業が増えている。自動化とアナリティクスの導入により、生産性やセキュリティはどれだけ向上するのか、その価値を探る。

不具合による炎上が怖い「OS/ブラウザ更新」 Web表示の問題を未然に防ぐには

株式会社コネクトワン

設計が古いWebシステムなどでは、OSやブラウザのバージョンアップによってWeb表示や機能に不具合が生じることも多い。こうしたトラブルを未然に防ぎ、レガシーWebにおいても、安心してアップデートを実施できる新たな手法とは?

基幹業務を支え続けるレガシーシステム、APIをてこにモダン化を進めるべき理由

MuleSoft

多くの企業の基幹業務は、いまだレガシーシステムに依存しているが、それが運用コストの高騰やカスタマーエクスペリエンスの阻害を招いている。打開する最良の方法は、API主導でシステムのモダナイズを推し進めることだ。

手つかずのレガシーシステムが招く「2025年の崖」、克服のためのクラウド移行法

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

IT人材の不足やレガシーシステムの老朽化などから最大12兆円の経済損失が見込まれるという「2025年の崖」問題。その克服には、レガシーシステムのクラウド移行が有効だ。その現実解となる「リフト&シフト」の手法を解説する。

営業支援システムをタブレット化、「コンテンツ変換機能付き中継サーバ」の実力

株式会社コネクトワン

営業支援システムをレガシーWebのまま運用していることでタブレットでの表示に不具合が生じ、最新の端末を支給したくてもできないケースが多い。そこで活用したいのが、レガシーWebをいじらずにモバイル対応できるソリューションだ。

「レガシー 意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。