「中国中継センター どこ」に近い情報
「どこ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「どこ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「どこ」に関する記事情報

iPhoneユーザーはAndroidユーザーよりも○○が下手:661st Lap

ところどころで繰り広げられる「iPhone」 vs. 「Android」のスマホOS戦争。その決着は先が見えない。ある分析によればAndroidユーザーの方が○○がうまいという。全く相関関係がないようにも思える○○とは?

DXどころじゃない……疲弊する中小企業向けにデルが新たなPC運用サービス提供

デル・テクノロジーズは人材不足が深刻な中堅・中小企業のPC運用負荷を軽減するために新たなサービス「ゼロタッチPC for SMB」を提供する。

「Microsoft 365」と「Google Workspace」の利用状況(2022年)/前編

オフィススイートと言えば「Microsoft Office」に代表されるパッケージ型が長らく主流であったが、ここ数年でSaaS型への移行が進んだ。代表的なSaaS型オフィススイートである「Microsoft 365」と「Google Workspace(旧G Suite)」の利用はどこまで進んだのだろうか。

2022年度の「IT導入補助金」は何がどうなる? 3分で分かる変更点と新設枠

制度開始から6年目を数える「IT導入補助金」。コロナ禍における中小企業のビジネスを支援しようと特別枠を新設するなど、社会情勢を読み取ってその都度措置が講じられてきた。2022年度の補助金制度はどこがどう変わるのか。

遠隔地勤務や制度作りはどこまで進んだ? ワーケーションや実家で仕事も実現間近か

WHIが実施した「自己都合で遠隔地に居住する従業員の通勤や転勤の扱い」に関する調査によると、毎日の通勤が不可能な遠隔地への居住を何らかの形で認めている企業の割合は68.5%だった。

視力でも時間でもない、「スマホ読書」で犠牲にしているもの:650th Lap

スマホやタブレットの普及によって、いつでもどこでも書籍を読むことが可能になった。しかし、その裏にはあるデメリットが隠れていることが明らかになった。利便性と引き換えにしているあるものとは。

BCP(事業継続計画)の策定状況(2022年)/後編

東日本大震災にCOVID-19のパンデミックなど、ここ10年を振り返るとさまざまな緊急事態に遭遇してきた。その時々で得た教訓をBCPに反映できているのだろうか。

なぜRPAは期待はずれに終わるのか? しくじり企業から探る原因と対策

RPAの導入成果を上げる企業もあれば、「途中で断念した」「適用範囲が狭く、想定通りの効果を得られなかった」と嘆く企業も存在する。失敗企業と成功企業の差はどこで生まれるのか。

最新の数値はどこ? 約半数が脱Excelできていない実態

各種管理業務で脱Excelの動きが拡大する中、特定業務の過半数の管理職が課題を感じながらExcelやスプレッドシートを利用している実態が明らかとなった。

絶対に“出戻り”させてはいけない退職者の特徴

一度退職した社員の出戻り(ブーメラン)に関する研究によると、再雇用しても良い場合と悪い場合があるという。その判断軸はどこにあるのか。

「どこ」に関するIT製品情報

オールインワンからログ管理特化製品に乗り換えた理由とは?

株式会社ラネクシー

システムセキュリティはどこまで対策を行えばよいかが見極めづらい。しかし実施した対策が自社の業務や要件に合っていないと業務負荷増大や非効率につながることも。

IBM Cognos Mobile

日本アイ・ビー・エム株式会社

いつでも、どこでも、BIコンテンツ。ビジネスの状況もモバイルで

セキュリティ優先だと生産性が低下? 調査で見えたデバイス管理の課題と解決策

デル株式会社

従業員がどこでも働ける環境を整えることは、ビジネス継続性やITの柔軟性の向上に不可欠だが、一方でセキュリティとのバランスが危惧されている。そこでカギとなるのが、デバイス調達/管理の方法だ。調査結果を基に、課題と対策を探る。

AWS環境での公開サーバ構築、ユーザー側のセキュリティ対策はどこまで必要?

トレンドマイクロ株式会社

AWSでの公開サーバ構築においては、責任共有モデルを踏まえたセキュリティ対策が必要になるが、その内容を十分に把握している企業は多くない。改めてユーザー側の責任範囲はどこまでなのか、必要な対策は何なのかを確認しておきたい。

電話もビデオ会議もWeb会議も1つに、“働き方改革”時代の会議ツールの要件とは

シスコシステムズ合同会社

フリーアドレスやテレワークといった新しい働き方のためには、どこで働いていてもスムーズにコラボレーションできる環境が求められる。しかし、その中核となるべき会議ツールはデバイスごとに分断され、使い方も浸透しがたいのが現状だ。

「どこ」に関する新着セミナー

チェックバック作業の効率化! 映像制作の共同作業のために作られた Dropbox Replay でどこまでできるのか

Dropbox Japan 株式会社

2022/06/09(木)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 運用管理 | 業務プロセス

「どこ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。