「中国中継センター どこ」に近い情報
「どこ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「どこ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「どこ」に関する記事情報

映画の世界が現実に? 「サイバネティックアバター共生社会」とは

自分の分身を何体もリモートで自在に操作可能にする「サイバネティックアバター」。目指すのは、身体に不自由を抱える人など、これまで積極的に社会参加できなかった人々を含めた全員参加型の「共生社会」だ。研究はどこまで進み、どんな領域に活用可能なのか。最先端研究の一端を紹介する。

電帳法対応はどこから始める? ペーパーレス化から始めるDXのステップ

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。2022年1月1日に施行が迫っている令和3年度の改正が注目されています。この電子帳簿保存法の対応を足掛かりに、電子化・ペーパーレス化を今後どのように進めていくべきか、そのポイントについて解説します。

RPA離脱企業はここでハマった 「業務自動化しくじり企業」から学ぶ次善策

2016年から2018年にかけて徐々に利用が広がり、最近ではハイパーオートメーション分野での活躍も期待されるRPA。組織活用、スケールは一朝一夕ではかなわない。中にはRPA導入を途中で断念せざるを得ない企業もある。そうした“しくじり企業”はどこでつまづいたのか。

市民10万人の情報ダダ漏れで知事が逆ギレ その裏にある真実とは?:635th Lap

個人情報漏えい問題が発覚したともなれば、どんな組織であれ謝罪ものだ。しかし、ある知事は市民10万人分もの個人情報が漏えいしたにもかかわらず、誤るどころか逆ギレする始末だ。その裏には“犠牲”となった人がいた。

意外になりがちな“Teamsメッセージ迷子” プロが教えるカンタン情報整理術

「あのメッセージは誰がどこに投稿したのか分からない」「メッセージを全部開かないと見つからない」。今回は、こうしたTeamsで起こりがちな、ちょっと困ったシーンで使える小技とノウハウを紹介する。

メンタル不調の職場を作らないためには? あらためて考える従業員の健康管理

ワークシフトは従業員にとって良いことばかりとは限らない。いつでもどこでも仕事ができる状況になったからこそ、仕事のやりすぎでメンタル不調者が発生するといった場合もある。そうした状況を作らないためい会社として考えるべきこととは。

ノーコードとは? ローコードとの違いや導入の注意点を解説

ノーコードとは、コーディングのないプログラミングのこと。IT人材の不足を背景に、現場部門による開発に注目が集まっている。

「Windows 365」の使いどころは? Azure Virtual Desktopとの違いを徹底解説

2021年8月2日から正式に提供が開始された「Windows 365」。料金体系や使用感、Azure Virtual Desktopとの違いや使い分けのポイントを解説する。

勤怠管理システムの利用状況(2021年)/前編

残業時間の上限規制における中小企業の猶予期間終了、コロナ禍をきっかけとした就労形態の多様化など、勤怠管理手法を見直す時期に来ている。企業の対応はどこまで進んでいるのか。

これだけはやめて……部下が告白、テレワーク中に起こった一番イヤな「リモートハラスメント」

部下に対するハラスメントが起こるのはオフィスだけではない。最近は「リモートハラスメント」と呼ばれる、テレワーク中に起こる問題もある。どこまでが“リモハラ”判定なのか?

「どこ」に関するIT製品情報

オールインワンからログ管理特化製品に乗り換えた理由とは?

株式会社ラネクシー

システムセキュリティはどこまで対策を行えばよいかが見極めづらい。しかし実施した対策が自社の業務や要件に合っていないと業務負荷増大や非効率につながることも。

IBM Cognos Mobile

日本アイ・ビー・エム株式会社

いつでも、どこでも、BIコンテンツ。ビジネスの状況もモバイルで

Windows 10対応 仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS v2.0

日本電気株式会社

働き方改革の具体策。いつでもどこでも、セキュアにテレワーク

セキュリティ優先だと生産性が低下? 調査で見えたデバイス管理の課題と解決策

デル株式会社

従業員がどこでも働ける環境を整えることは、ビジネス継続性やITの柔軟性の向上に不可欠だが、一方でセキュリティとのバランスが危惧されている。そこでカギとなるのが、デバイス調達/管理の方法だ。調査結果を基に、課題と対策を探る。

AWS環境での公開サーバ構築、ユーザー側のセキュリティ対策はどこまで必要?

トレンドマイクロ株式会社

AWSでの公開サーバ構築においては、責任共有モデルを踏まえたセキュリティ対策が必要になるが、その内容を十分に把握している企業は多くない。改めてユーザー側の責任範囲はどこまでなのか、必要な対策は何なのかを確認しておきたい。

「どこ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。