「人事 管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「人事 管理」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「人事 管理」に関する記事情報

人事管理ツールの導入状況(2022年)/後編

人事管理、従業員育成システムの「不満」や「期待する機能」「導入しない理由」などから、企業における同システムの課題を調査した。システム導入企業で起きている“残念な”利用実態やシステム未導入企業が抱える悩みとは。

人事管理ツールの導入状況(2022年)/前編

人事管理、従業員育成システムの「導入状況」や「利用形態」「導入のきっかけ」「満足度」などを調査した。実際に使っているツールの名前も挙げてもらった上で満足度などの利用実態を調べ、各人事システムの利用形態に関する回答を分析したところ、ある傾向が明らかとなった。

人事管理ツールの導入状況(2022年)/前編

人事管理、従業員育成システムの「導入状況」や「利用形態」「導入のきっかけ」「満足度」などを調査した。実際に使っているツールの名前も挙げてもらった上で満足度などの利用実態を調べ、各人事システムの利用形態に関する回答を分析したところ、ある傾向が明らかとなった。

新たな人事課題に立ち向かう テレワーカーの労働監視とおカネ、健康

テレワークが常態化し、把握しづらくなった労働実態や給与戦略のトレンド、従業員の健康管理など、新たな時代の人事課題に対して取り組むべき施策とは。

人事のプロが解説する「人材マネジメント」の7つのツボ

人材マネジメントとは、「管理」や「育成」と捉えられることがしばしばだが、人材の統制を取ることが本質ではない。人事のプロがあらためて人材マネジメントの基礎を解説する。

部下と管理職の憂鬱 テレワーク時代の人事評価のリアル

あしたのチームの調査によれば、若手の従業員ほど「テレワークをやめたい」と考える傾向にあるが、その具体的な理由は何か。一方、部下を持つ管理職も“顔が見えない”中での人事評価に戸惑う傾向にあったが、各企業はどのような工夫をしているのか。

人事・人材管理システムの利用状況(2021年)/後編

オフィスでの勤務が中心だったコロナ禍以前は、物理的に接していたため、働きぶりや就労状況がある程度は把握できてはいたが、テレワークを中心とした就労環境にシフトすると、それが一気に“見えなく”なった。それによって、企業は新たな人事問題に直面している。

人事・人材管理システムの利用状況(2021年)/前編

コロナ禍でビジネス情勢が不安定な中、より組織的な人事戦略が求められる。そうした環境下で人事・人材管理システムの利用状況は過去と比べてどう変化したのか。アンケート調査からシステム利用状況の変化を探る。

チャットbotが1on1を代行も Teams組み込み型人事管理システムとは

テレワークによって見えなくなってしまった情報を現場のマネジャーが苦労して吸い上げていないだろうか。システムで補えば、工数を増やさずに情報を取得し、業務全体の生産性を上げられる。その方法とは。

ナビタイムジャパン「社内システムをたった2人で運用」を実現したSlackのAPI連携テクとは

社内コミュニケーション基盤をメールから「Slack」に移行したナビタイムジャパン。社内では、人事システムや名刺管理、勤怠管理、ネットワーク管理など複数のSaaSを利用しているが、これらの社内システムの運用もSlackを使って簡素化したという。

「人事 管理」に関するIT製品情報

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー)

株式会社電通国際情報サービス

1200社以上の導入実績を持つWeb対応の統合パッケージ

POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理)

株式会社電通国際情報サービス

タレントマネジメント、人事・給与・就業システムの統合が可能

人事・給与・就業ソリューション「HIPLUS就業管理システム」

株式会社日立システムズ

働き方改革関連法への対応などを支援する労務管理システム。在宅勤務など多様な働き方に対応する。全社や部門ごとの就業状況をグラフや一覧で可視化でき、傾向が分かる。

働き方改革時代に求められる勤怠管理システム、企業調査から見えてきた要件とは

SCSK株式会社

働き方改革関連法という変革の矢面に立つ人事部門。テレワークなど柔軟な働き方に対応した勤怠業務の適正化は、多くの組織にとって喫緊の課題となっている。そのために勤怠管理をどうシステム化すべきなのか、企業調査から読み解く。

“管理エキスパート”から“戦略パートナー”へ、人事が変わるために何が必要?

株式会社SmartHR

人事に求められる役割が“管理”から“戦略”へと変化する一方、その要求に対応できていない企業は多い。この状況を改善するには、“事務的業務”の負荷を解消することが必要だが、まずはどんな業務の効率化から始めるのが最適だろうか。

「人事 管理」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。