「人材 管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「人材 管理」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「人材 管理」に関する記事情報

採用管理ツールで何ができる? 人材獲得競争から取り残されないためのツール選定

少子高齢化や働き方の多様化、人材の流動化などによって、優秀な人材の獲得競争が激化している。しかし現場では採用業務にまつわるさまざまな課題が半ば放置されている状況も見える。それらの課題をデジタル化によってどう解決できるか。

クラウドRPAの基礎知識 サーバ型との違い、メリット、テレワークへの効用

「RPAの予算や人材を確保できない」「テレワークでロボットを管理しにくい」といった課題の解決策として「クラウドRPA」が提示されるようになった。クラウドRPAと一口に言ってもさまざまな形態のサービスが存在する。オンプレミスのサーバ型とは何が違うのか。どのようなタイプがあり、メリットやデメリットは何か。基礎知識を紹介する。

SaaSアカウント管理とは? IDaaSとの違い、働き方の変化に合わせるコツを解説

企業が使うSaaSの数は数十とも数百ともされる。SaaSの権限管理の漏れは重大なインシデントにつながるリスクがあるが、これらを表計算シートで管理するのは現実的ではない。外部パートナーを含めた人材情報とアカウント情報を一元的に管理する方法とは。

新卒、中途、ハイクラス人材別、採用管理ツールのかんたん選定ポイント

新卒なのか、中途なのか、採用したい人材によって採用時に収集、管理すべき情報が異なる。それぞれの採用シーンに合った採用管理ツールとは。

人事・人材管理システムの利用状況(2021年)/後編

オフィスでの勤務が中心だったコロナ禍以前は、物理的に接していたため、働きぶりや就労状況がある程度は把握できてはいたが、テレワークを中心とした就労環境にシフトすると、それが一気に“見えなく”なった。それによって、企業は新たな人事問題に直面している。

人事・人材管理システムの利用状況(2021年)/前編

コロナ禍でビジネス情勢が不安定な中、より組織的な人事戦略が求められる。そうした環境下で人事・人材管理システムの利用状況は過去と比べてどう変化したのか。アンケート調査からシステム利用状況の変化を探る。

タレントマネジメントと人事管理はどう違う? 5つのサービスを比較

企業にとって永遠の大きなテーマといえる「人材の生かし方」。ビジネス環境が急速に変化する中、注目されているのが「タレントマネジメント」だ。従来型の人事管理手法とどう違うのか? タレントマネジメントシステム5選とともに紹介する。

8万超の従業員情報を管理するSMBCグループ 経営戦略実現のためITを駆使した人事部の挑戦とは

ITを駆使してグループ人材の活用に取り組むSMBCグループは、国内有数規模の人材管理およびタレントマネジメント業務にクラウドサービスをいち早く採用した。8万人超の従業員を抱えるSMBCグループは新たな人事プラットフォームを導入するに当たり、新システムへの要求のハードルの高さや既存システムとの兼ね合いなどの課題をどのようにくぐり抜けたのだろうか。

設計、テストだけ……スキルが偏る“新卒4年目の壁”を破るエンジニア管理術

かつて、新卒採用からおよそ4年でスキルの偏りが発生していたというSI企業クロスキャットは、人材管理のやり方にメスを入れた。そのことが功を奏し、コロナ禍で集団研修といったスキルアップ研修を組まなくとも個別具体の遠隔研修実施が可能となったという。クロスキャットの人事部に話を聞いた。

人事・人材管理システムの利用状況(2020年)/後編

働き方改革の文脈で注目が集まっている「従業員満足度」。読者アンケートからは実施側の経営層と受け取り手の従業員間で、大きな溝があることが分かった。

「人材 管理」に関するIT製品情報

UX向上と安全性強化を両立、ハイブリッド環境でのデバイス管理のポイントとは?

デル株式会社

クラウドの活用は従業員のデバイス管理を最新化するのに欠かせないが、人材や資金などの理由によって、全面的なクラウドの採用が進まないケースが多い。だが、ハイブリッド環境でもクラウドのメリットは十分に享受できる。その理由とは?

全拠点を集中管理、ネットワーク保守運用における省人化の秘訣とは?

シスコシステムズ合同会社

人材不足が深刻化する昨今、全拠点にIT管理者を置くことはさらに難しくなっている。一方で、各拠点におけるIT活用はさらに進み、ネットワーク保守運用の業務負荷はさらに高まっている。人員の最小化を図りつつ、この課題を解消するには?

1人情シスでも可能なCSIRT/SOC運用、オンプレもクラウドも一元管理を実現する

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

セキュリティ強化のためにCSIRT/SOC運用を始めたくとも、IT人材不足の企業には荷が重い。特に、オンプレミス環境とクラウド環境を併用していればなおさらだ。そんな企業に注目してほしい、クラウド型セキュリティソリューションがある。

働き方改革時代の勤怠管理システム選び、法令順守と人材確保に必要な4つの機能

SCSK株式会社

「働き方改革」の推進を受け、適切かつ効率的な勤怠管理が課題となる中、勤怠管理システムに求められる機能も変化している。「働き方改革関連法」への対応を含め、製品選定で重視すべき4つのポイントを解説する。

低コストでセキュリティ強化、脅威監視から対処まで網羅したマネージドサービス

トラストウェーブジャパン株式会社

脅威が高度化する一方、IT管理予算や人材不足により、セキュリティガバナンスが困難になっているケースは少なくない。そこで注目されているのが、脅威監視や分析、インシデントレスポンスなどを提供するマネージドセキュリティサービスだ。

「人材 管理」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。