「仮想化 メリット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「仮想化 メリット」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのはサーバの世界だ。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定でき、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。同じ技術を元に、ストレージやデスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザーはさまざまなデバイスを使って、LANやインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。また、ストレージ仮想化では、システムの中に点在するストレージ(サーバ内蔵ストレージやNAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)で仮想的に統合する。ネットワークの仮想化技術では、ソフトウェアで通信経路を制御するSDN(Software Defined Network)や、仮想化技術を使ってネットワーク機器の機能をソフトウェア的に実装するネットワーク機能仮想化(NFV)などの技術開発も盛んに行われている。

「仮想化 メリット」に関する記事情報

アナリストが解説、二桁成長が期待される「HCIの最新トレンド」

仮想化基盤として企業での導入検討が進んでいるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。運用管理や拡張性の面でメリットが得られるHCIについて、企業における利用状況や今後の成長率について概観しながら、最新動向を見ていく。

「仮想化 メリット」に関するIT製品情報

HCI導入検討時の最大の疑問、「最良の選択肢」となるかどうかはどう見極める?

日本電気株式会社

仮想化環境の運用管理におけるさまざまな課題を解消するものとして注目されるハイパーコンバージドインフラ。その導入を検討する企業が一番に知りたい、「他の選択肢とのメリットの違い」や「HCI導入で狙った効果を得る方法」を解説する。

データをソースに置いたまま統合、「データ仮想化」がもたらす10のメリットとは

Denodo Technologies株式会社

クラウドなどにより大量のデータが日々生成される中、ETLなど従来の技術では管理/統合が困難になっている。そこで必要になるのが、データを各ソースに置いたまま、統合された形でリアルタイムに提供するという、新たなアプローチだ。

パブリッククラウド移行メリットを最大化、インフラをモダン化する3つのステップ

ヴイエムウェア株式会社

パブリッククラウドでのアプリ運用が珍しくなくなった近年、データセンターのクラウド移行のメリットを最大化するには「インフラのモダン化」が不可欠だ。その3つのコアコンポーネントを仮想化し、統合管理するためのステップとは?

移行前に知りたかった「Windows 10仮想化」4つのメリット

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト

Windows 10の仮想環境での利用には重要なメリットがある。例えば、デプロイメントプロセス全体をより簡単にしたりパッチ管理を容易にしたりすることなどだ。

サルでも分かるHCIの基礎知識 今こそ選ぶべきメリットを理解しよう

株式会社日立システムズ

サーバ・ストレージ・ネットワークといったITインフラを一括して導入し運用できるハイパーコンバージドインフラ。その基礎知識を、仮想化やソフトウェア定義のデータセンター(SDDC)といったトレンドを含め、分かりやすく解説する。

「仮想化 メリット」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。