「仮想化 管理」に関するIT製品を表示しています。

「仮想化 管理」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのはサーバの世界だ。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定でき、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。同じ技術を元に、ストレージやデスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザーはさまざまなデバイスを使って、LANやインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。また、ストレージ仮想化では、システムの中に点在するストレージ(サーバ内蔵ストレージやNAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)で仮想的に統合する。ネットワークの仮想化技術では、ソフトウェアで通信経路を制御するSDN(Software Defined Network)や、仮想化技術を使ってネットワーク機器の機能をソフトウェア的に実装するネットワーク機能仮想化(NFV)などの技術開発も盛んに行われている。

「仮想化 管理」に関する記事情報

アナリストが解説、二桁成長が期待される「HCIの最新トレンド」

仮想化基盤として企業での導入検討が進んでいるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。運用管理や拡張性の面でメリットが得られるHCIについて、企業における利用状況や今後の成長率について概観しながら、最新動向を見ていく。

寡占が続くSDNが描く企業ネットワークの未来

SDNを中心とするネットワーク仮想化/自動化市場について、昨今の情勢からオフィスへの出社を制限する企業も増えていることから、リモート環境を含めたネットワークの柔軟な運用管理を可能とするネットワーク仮想化ソリューションのニーズは今後増加するだろう。本稿では、ベンダー別シェアとネットワーク仮想化に対する取り組みについて概観する。

仮想化時代のソフトウェア資産管理、ライセンス違反で億円単位の請求も?

Oracle DBやVMなどのライセンス管理はしっかりできているか。煩雑化しがちなサーバ仮想環境のライセンス管理を怠ると数億円レベルの請求があるかもしれない。

落とし穴を学ぶ、ネットワーク管理4つのポイント

大規模企業におけるネットワーク管理はもはや当たり前。しかしクラウドの活用やネットワーク仮想化、端末の多様化などで、これまでの手法がうまくいかなくなったという例もあるだろう。

死活監視だけじゃない、基礎から考えるネットワーク管理ツール入門

「ネットワーク管理ツール」というと、古くからあまり変わらない分野という印象もある。しかし、ネットワーク高速化、無線LAN対応、仮想化などITの進化とともにネットワーク管理のあるべき姿も変わる。

デスクトップ仮想化でコスト抑制する奥の手とは?

「仮想PC方式」のデスクトップ仮想化で障壁になりがちなコスト課題。ストレージやライセンスコストの削減、運用管理工数を削減する、DaaS利用などコスト抑制策を考える。

本当に“最適化”できているか? あらためて見直すクライアント環境

デスクトップ仮想化は、システム運用管理コストの削減、情報漏えい対策、ワークスタイル変革といった企業のIT課題をコストを抑えて解決する技術の1つだ。

今さら聞けない、クラウド、オンプレ、仮想化混在時代の統合運用管理

企業システムの運用を影で支えるツールとして、今やあらゆる企業で必須の存在となった統合運用管理製品。長い歴史を持つ製品だが、近年新たなニーズが起こりつつある。

業務アプリを私物端末で利用するBYOD実装

社内の業務環境をそのまま持ち出せる仮想化技術、デバイスやアプリケーション管理を実現するMDM、MAMなどの技術を中心に、アプリケーションにおけるBYODを実現する方法を詳説する。

「統合運用管理ツール」シェア(2011年度)

内部統制や仮想化環境などを背景に成長する「統合運用管理パッケージ」市場。今後さらなる拮抗(きっこう)が予想される上位3社のベンダーとは?

「仮想化 管理」に関するIT製品情報

HCI導入検討時の最大の疑問、「最良の選択肢」となるかどうかはどう見極める?

日本電気株式会社

仮想化環境の運用管理におけるさまざまな課題を解消するものとして注目されるハイパーコンバージドインフラ。その導入を検討する企業が一番に知りたい、「他の選択肢とのメリットの違い」や「HCI導入で狙った効果を得る方法」を解説する。

ITリソースの払い出しも迅速化、仮想化基盤を徹底的にシンプル化する秘訣とは?

菱洋エレクトロ株式会社

ITインフラの老朽化が進み、ITリソースの払い出しへの要求にも迅速に対応できないことが課題となっていた菱洋エレクトロ。同社が、仮想化基盤のハードウェア構成をシンプル化して、管理性とパフォーマンスを大きく向上させた方法とは?

ストレージ運用で直面する課題「容量・性能・管理性」を一挙に向上させる秘訣は

JBCC株式会社

約5年に渡って運用してきた仮想化環境において、容量・性能不足、バックアップの長時間化、VM再起動の遅延といった問題を抱えていた中央出版グループ。長期的な利用も見据え、それら全ての課題を解決したストレージとは?

仮想化環境に特化した機能満載、Veeamのバックアップソリューションの強みとは

株式会社ネットワールド

クラウドの普及によりデータの分散が進む中、それらをいかに保護/管理するかが多くの企業で課題になっている。そこで注目したいのが、VMware vSphereやHyper-Vなどの仮想化環境に特化したVeeam Softwareのバックアップソリューションだ。

複雑化とともにコストがかさむ仮想化環境、大手金融サービス企業に見る解決策

レッドハット株式会社

ビジネスが拡大すれば、仮想化環境もまた拡大・複雑化していく。企業成長を加速するためにも、仮想化環境を効率的に利用するための管理プラットフォームの選定は重要になる。大手金融サービス企業の事例から、成功の秘訣を読み解く。

「仮想化 管理」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。