「仮想化 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「仮想化 製品」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのはサーバの世界だ。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定でき、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。同じ技術を元に、ストレージやデスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザーはさまざまなデバイスを使って、LANやインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。また、ストレージ仮想化では、システムの中に点在するストレージ(サーバ内蔵ストレージやNAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)で仮想的に統合する。ネットワークの仮想化技術では、ソフトウェアで通信経路を制御するSDN(Software Defined Network)や、仮想化技術を使ってネットワーク機器の機能をソフトウェア的に実装するネットワーク機能仮想化(NFV)などの技術開発も盛んに行われている。

「仮想化 製品」に関する記事情報

今さら聞けない、クラウド、オンプレ、仮想化混在時代の統合運用管理

企業システムの運用を影で支えるツールとして、今やあらゆる企業で必須の存在となった統合運用管理製品。長い歴史を持つ製品だが、近年新たなニーズが起こりつつある。

「仮想化 製品」に関するIT製品情報

1000台の仮想マシンバックアップを3時間弱で、クラウドデータ保護の最適解とは

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

クラウドシフトに伴い、多くの企業でデータセンターの仮想化が急務となっているが、これによりインフラが複雑化し、データ保護を困難なものにしている。そこで注目したいのが、クラウドに最適化された高速&確実なバックアップ製品だ。

従来の仮想化環境の操作感をそのままに、vSphereユーザーに適したHCIとは?

株式会社ネットワールド

技術者不足や運用負荷を考慮し、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に乗り換えたいという企業が増えている。そこで、拡張性、ライセンス体系などチェックすべき要件とともに、VMware vSphereユーザーに適したHCI製品を紹介する。

パブリッククラウドに比べてTCOが2分の1に――事例に学ぶ仮想化基盤の刷新術

アルファテック・ソリューションズ株式会社

教育サービスのデジタル化が進む中、学研エデュケーショナルでは仮想化基盤の刷新に取り組んだ。中核となったのが99.9999%の稼働率を誇る“止まらない”ストレージ製品だ。TCOもパブリッククラウドへ移行するより削減できたという。

コストは4割減&ストレージ性能は5倍に――無理難題もクリアするHCIの実力

日本ヒューレット・パッカード合同会社

サーバ仮想化基盤をリプレースし、約2倍のキャパシティーへ拡張することとなったコープデリ連合会。旧環境と同等のストレージ性能を維持しつつ、バックアップ時間とTCOを削減するという難題をクリアしたHCI製品とは?

DX実現のカギとなる“理想の仮想化環境”を体現するHCIとは?

株式会社ネットワールド

デジタルトランスフォーメーションを推進していく上で、カギとなる仮想化環境として、いま「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)が注目されている。その中でも、ユーザーに優しい理想の仮想化環境を提供するHCI製品を紹介する。

「仮想化 製品」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。