「元意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「元意味」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「元意味」に関する記事情報

企業のSaaS利用に一石を投じる「SaaS管理サービス」の基本

業務システムのクラウド化が進む中で、企業においてSaaS利用が進んでいる。そんなSaaSの利用状況を帳簿的に一元管理できるSaaS管理ツールへのニーズが、高まっている。本稿では、SaaS管理ツールの実態について見ていく。

「メタバース」のお金や権利どうする? 新公表の政府主導ガイドラインで解説

3次元の仮想空間でアバターが自由に行動する「メタバース」は、かつてセカンドライフが隆盛した時代から、大きく進歩した技術を駆使して脚光を浴びる。メタバースとは何か、また、メタバース内におけるお金と権利といった課題を集約した日本政府主導のガイドラインとは。新たな取り組み"バーチャル渋谷"と合わせて解説する。

古河電工がSAPで基幹業務システムを刷新 属人化したシステムを一元管理

古河電工は、販売・会計・購買システムを、「SAP S/4HANA」や「SAP for Mill Products」「SAP Ariba」で刷新した。新システムの導入に当たっては、「富士通版Activate」や富士通のノウハウを活用した。

アサヒグループがBoxを導入 APIを活用しデータを一元管理

アサヒグループジャパンは、業務の効率化や、セキュリティとガバナンスの強化に向けてBoxを採用した。業務効率や生産性の向上を図ることが目的。APIを活用してデータを特定のアプリに依存させず、業務に合ったアプリケーションを採用できるようにした。

37年前の「Windows 1.0」のイースターエッグが今になって見つかったワケ:655th Lap

かつてソフトウェア開発元は遊び心で、OSやソフトウェアに「イースターエッグ」を忍ばせていた。最近はこうした話題もめっきり減ったが、今になって「Windows 1.0」に仕込まれたイースターエッグが発見された。

「え、誰からの贈り物?」決して使ってはいけない悪魔のプレゼント:646th Lap

最近、Amazonから謎の贈り物が届いたと話題になっている。あなたの元に突然これが送られてきたら、ちょっと待ってほしい。絶対使ってはいけない“悪魔のプレゼント”の正体とは?

なぜ「Microsoft 365」活用は進まない? 原因を5つの視点から考える

まずは足元の業務のデジタル化を目指そうとMicrosoft 365を契約するも、導入前と導入後でギャップを感じる企業もある。思い描いていた青写真はなぜ現実のものとならないのか。Microsoft 365が行き詰まる理由を本ブックレット(全26ページ)で解説する。

「M1チップ」とは別次元? Intelが秘密裏で開発した“隠し玉”とは:632nd Lap

CPUと言えばAppleの「M1チップ」が大きな話題を呼んだのが記憶に新しい。その裏で、Intelは一般的なCPUとは一線を画するある開発を進めていた。

SaaS管理ツールとは? IDaaSとの違い、SaaS導入企業が抱える課題の解決法を解説

企業が使うSaaSの数は数十とも数百ともされる。SaaSの権限管理の漏れは重大なインシデントにつながるリスクがあるが、これらを表計算シートで管理するのは現実的ではない。外部パートナーを含めた人材情報とアカウント情報を一元的に管理する方法とは。

元マイクロソフトの澤氏が語る テレワーク時代のマネジメントにはチャットがイイ理由

テレワーク時代の課題となりやすいのがメンバーマネジメントだ。従業員それぞれがオフィス外に分散して働くだけに、帰属意識の低下が起こりがちだ。これに対して、飲み会を開くよりももっと有効な解決策があるという。

「元意味」に関するIT製品情報

グローバルなチームコラボレーションとデータの集中化を実現

サイフォーマ株式会社

グローバルなビジネスにおけるチームコラボレーションを成功に導くには? データの一元化・可視化や、レポート作成作業の効率化を推進したグローバル企業の事例を紹介する。

散在するデータの一元管理とレポーティングの効率化を実現

サイフォーマ株式会社

複数の部門にまたがり同時進行する多くのプロジェクトを効率的に管理するには、どのような方法が有効だろうか? 米国で金融サービスを提供する企業の事例から解説する。

グローバルでERPを統一し、分散していた経営情報を一元管理

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

海外拠点を持つ企業では、国ごとの商習慣や法律の違いからシステムがサイロ化してしまうことが少なくない。グローバルな情報を集約し、迅速な経営判断を実現する方法とは。

帳票基盤ソリューション「SVF」

ウイングアーク1st株式会社

「どんな帳票でも作成」「どんな環境でも利用可能」「どんな出力にも対応」の帳票基盤。さまざまな他社システムのデータを基に、各種の帳票を自由に出力、一元管理できる。

WindowsとMac、両方の暗号化クライアントを一元管理するツール

ウインマジック・ジャパン株式会社

セキュリティ面と営業面を支えるディスク暗号化ソフト導入にあたり、「これ以外の選択は考えられない」とシステムプランナーに言わしめた、そのソフトとは?

「元意味」に関する新着セミナー

電帳法改正対応には何が必要? 文書管理業務のシステム化と該当文書の一元管理へ向けた取り組みをご紹介

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

2022/05/25(水)11:00~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | 基幹系システム | 運用管理 | 業務プロセス

「元意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。