「入力」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「入力」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「入力」に関する記事情報

「これ、ネタでしょ?」Google本気の“新発表”が想像以上にアレな件:634th Lap

4月1日の恒例行事となった企業各社によるエイプリルフールネタ。Googleも他社に負けじと過去に「Google日本語入力プチプチバージョン」などのネタを披露してきた。そのGoogleが4月でもないのにネタのような発表をした。今回は笑ってはいけない"本気"の内容のようだ。

フリック入力なんてもう古い これからは「思考入力」の時代?:627th Lap

予測変換などの入力補助機能でスマホやPCへの文字入力の負担は軽減された。しかし、今ではそうした便利機能に慣れてしまい、もっと簡単に文字を入力できる方法はないかと考えてしまう。もう手入力なんて必要ない「思考入力」が現実のものになろうとしているようだ。

棚卸しの「脱目視、脱Excel」でもお高いんでしょう? いいえハンディも不要です

現場の担当者が目視で数えて管理者がデータを手打ち入力する「アナログ棚卸し」から脱却したくても、高いコストは負担できない。そのような店舗に向けて、無料のスマートフォンアプリが公開された。

コンカーが請求書データ自動読み取りのAI-OCR機能に対応、9月に提供開始

2020年10月の電子帳簿保存法改正や経理部門のテレワーク需要の高まりを背景にITベンダー各社が請求書管理のペーパーレス化、オンライン化を支援する機能拡充を急ぐ。コンカーは請求書管理クラウドサービス「Concur Invoice」に、請求書データを自動入力するAI-OCR機能「Remota」を同年9月以降に提供する。

WalkMeとは? 「デジタル・アダプション・プラットフォーム」(DAP)はなぜ注目されるか

絶対にSaaSに業務データを入力しない勢との新しい戦い方が提案された。マニュアルもレクチャもSaaSと一体化してしまえ、という発想のもと、デジタル化定着を標榜するツールがある。

あの大物がパスワードを解析されたのに大喜び、その理由とは?:534th Lap

最近は生体認証の発達と普及によってパスワードの入力が不要なシーンも見られる。しかし、まだまだパスワードから離れられないのが現実だ。パスワード不要の世界は来るのだろうか……。

文字入力スピード対決 スマホとキーボード、どっちが速いか?:533rd Lap

スマートフォンの文字入力方法はテンキーを使った「フリック入力」や「トグル入力」、ソフトウェアキーボードを使った「QWERTY入力」などがある。だが入力スピードなら物理的なキーボードの方が速いよね?

KGIもOKRもExcel入力でOK、「SaaSなのに使いやすい」がウリの目標管理ツールとは

オシャレなデザインだけど実務で使いにくい……。そんな昨今の人材管理クラウドサービスが定着しない理由に切り込むサービスが登場した。ポイントは使いやすさと「目標管理」を重視した機能群だ。

「入力」に関するIT製品情報

営業の案件情報の入力をしやすくし、活動状況の見える化を促進

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

営業の案件情報は、担当者によって入力情報のばらつきがあったり、抜け漏れがあると効率的な管理が行えなくなってしまう。どうすれば効率的な案件管理が行えるだろうか。

UI改善ツール「BizFrontシリーズ」

NTTテクノクロス株式会社

既存の業務システムの入力フォームを改善・拡張することで、作業効率化や入力ミス削減を実現。システム改修不要なので多大なコストをかけることなく簡単に導入できる。

キャンペーンの業務プロセスを統合し、月次運用を最短30分に短縮

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

ヤフーでは、有料会員向けキャンペーンの企画から運用開始までにかかる期間の短縮や、データの重複入力の解消などを目的に、BPMなどを用いて業務プロセスを統合した。

匿名の訪問者をリードに変える、“アンノウンマーケティング”実践法

SATORI株式会社

顧客の購買プロセスが大きく変化し、オンラインを活用したリードジェネレーションが不可欠となっている昨今。まだ個人情報を入力していない“匿名の訪問者”へアプローチする“アンノウンマーケティング”への注目度が高まっている。

複数拠点1000人以上の交通費/経費精算業務を全てクラウド管理

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

交通費/経費精算をExcelフォームへ入力して提出する方法へ移行しても、経理の負担は軽減されないまま。だが、あるクラウド型システムの導入が、その問題を一掃した。

「入力」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。