「勤怠管理 業務」に関するIT製品を表示しています。

「勤怠管理 業務」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは、就業管理システムや就労管理システムとも呼ばれ、タイムカードやICカード、Web画面などを用いて出退勤時刻を記録することで、社員やアルバイトの勤怠状況を的確に管理できるシステムのこと。出勤簿やタイムカードなど紙によってのみ管理されていた労働時間をデータ化し、給与の基礎データをスムーズに作成することが可能となる。さらに勤怠管理システムには、休暇の残日管理や過重労働のケアなど労務管理の面でも役立つ機能が備わっている。

「勤怠管理 業務」に関する記事情報

勤怠管理システムの選び方のポイントは? チャートで分かる最適な選択肢

紙のタイムカードをやめて勤怠管理システムを導入するとして、業務内容や従業員の好みも違う状況で何を選ぶのが最適でしょうか。現在の状況や従業員の勤務形態、持つ設備の状況によって最適な選択肢は異なります。チャートを織り交ぜ、検討時に注意するポイントを紹介していきます。

業務負担を減らす、勤怠管理ツールと連携させるといいツールは?

勤怠管理ツールで従業員の正確な労働時間を把握できるようになると、他の業務課題を解決する第一歩になります。

よくある「不満の声」から考える、勤怠管理ツール導入の注意点

労務管理と業務部門の負担減といった意図で導入した「勤怠管理ツール」。ところがなぜか社内のあちこちから不満の声が挙がってしまう。

勤怠管理ツールが解決する7つの課題

勤怠管理ツールは一体何を解決するのか。勤怠管理業務の課題を取り上げながら「勤怠管理ツール」が解決できる7つのポイントを説明する。

勤怠管理ツールのコスト感はどれくらい?

勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい。しかしコストは極力抑えなければならない。

労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは何か

働き方の多様化など急激な環境変化に対応するためには、業務の負担を軽くする「勤怠管理ツール」が必要だ。その特長を説明する。

「勤怠管理 業務」に関するIT製品情報

働き方改革時代に求められる勤怠管理システム、企業調査から見えてきた要件とは

SCSK株式会社

働き方改革関連法という変革の矢面に立つ人事部門。テレワークなど柔軟な働き方に対応した勤怠業務の適正化は、多くの組織にとって喫緊の課題となっている。そのために勤怠管理をどうシステム化すべきなのか、企業調査から読み解く。

店舗の管理業務を簡単&低コストに電子化、事例に学ぶモバイルアプリ活用法

アステリア株式会社

勤怠管理やシフト管理、日報といった管理業務の電子化/システム化を検討したものの、そのハードルの高さから断念した企業は多いだろう。そんな企業でも、紙ベースの管理業務を“自社に最適な形”で電子化/システム化する方法とは?

Active Directory監査や勤怠管理はログ可視化ツールで解決

ゾーホージャパン株式会社

業務負荷の高いActive Directoryのログ監査だが、放置しては脅威の発見を遅らせてしまう。ログ可視化業務を効率化し、継続的なコンプライアンス体制を維持、そして働き方改革に必須な勤怠管理を実現するツールを紹介する。

「勤怠管理 業務」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。