「営業 sfa」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「営業 sfa」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説SFAとは?

SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)とは、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できるさまざまな情報を吸い上げて活用できるシステムのこと。現場からの情報には、例えば最新の顧客情報(動向情報)、案件の進捗状況、予算/実績値、見込み案件の状況など多種多様なものがある。

「営業 sfa」に関する記事情報

SFA(営業支援システム)の利用状況(2021年)/後編

ビジネス環境においても厳しい情勢が続くが、そのような状況下でも何とかビジネスを回して前に進まなければならない。営業部門を支えるツールとしてSFA(営業支援システム)があるが、現場での導入、利活用はどこまで進んでいるのか。活用できてないのであれば何が問題か。

SFA(営業支援システム)の利用状況(2021年)/前編

営業部門においてもデジタル化の波が訪れている。インサイドセールスが活動の軸となりつつある現在、SFA(営業支援システム)の導入と、SaaS化はどこまで進んだのか。

なぜ「Excelだけではもうダメ」か? 営業のデジタル化で真っ裸

SFAを導入したのに業績停滞、営業未達は3期連続、退職者が増え……。どん底を味わった企業が取り組んだ営業改革はどんなものか。そしてAIは営業の仕事を人間から奪うのだろうか。

一度諦めた人のためのSFA(営業支援システム)入門

SFAはなぜ定着しないのか――普及期に入ったSFAでは成功事例だけでなく失敗事例のノウハウも蓄積されつつある。「あのとき、あなたはどうすればよかったのか」について、定着コンサルタントらの意見を整理する。

SFAは「営業支援機能の比較」だけで選んではいけない

「営業支援システム(SFA)は、営業支援の機能だけを比較して選定すると失敗しやすい」という。では、何をどうやって選べば効果が出るのか。SFAのトレンドとともに比較のポイントを紹介する。

SFAと連携させると効果が最大化する便利な3つのツール

営業プロセスを可視化、標準化することで無駄を省き、効率アップが実現できるSFA。今回はSFAと連携させて効果を最大限に引き出すツール3つを紹介しよう。

SFA導入前に絶対押さえておくべき4つのポイント

SFAを導入しても、うまくデータを活用でき、結局営業の手間を増やすだけで、使われないまま放置されてしまうケースが多い。導入前に確認したいポイントを整理する。

SFAの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員335人を対象にアンケート調査を実施した。SFAの導入に当たり、営業部門が抱えている課題やシステムの導入形態が明らかになった。

SFAシステムを使い倒す、3つの賢い活用法

せっかくSFAを導入したものの、現場の営業担当からは「どう使っていいか分からない」という声が挙がることも。SFAの具体的な活用法を紹介します。

今さら聞けない、SFAが備える4つの基本機能とは?

営業活動や顧客情報を共有することで業務効率アップを実現するSFAだが、ほぼ共通して備える機能がある。代表的な4機能を紹介しよう。

「営業 sfa」に関するIT製品情報

営業支援(SFA)クラウドサービス「DPS for Sales」

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

intra-martの豊富な導入実績により培われた業務ノウハウをもとに開発された営業支援ツール。従来のSFAを導入した企業が感じるさまざまな課題を解消する多彩な機能を実装。

SFAで実現する「営業改革」、マンガで分かるプロセス可視化の重要性

株式会社ジャストシステム

営業改革の実現には、案件状況や行動履歴を可視化することが欠かせない。そこで有効なのが、他営業社員のナレッジを共有し、仕組み化できる「SFA」の活用だ。その特長から製品選定のポイントまで、マンガを用いて分かりやすく紹介する。

営業力強化に不可欠な「SFA」、効果を最大化するための“3つのノウハウ”とは?

株式会社ジャストシステム

営業部門が顧客との商談に集中するためには、商談準備や部下の育成にかかる時間を短縮できる「SFA」の活用が欠かせない。新入社員の成長にも有効となるSFAの効果を最大化するために、知っておきたい3つのノウハウを紹介する。

SFA活用を一歩先へ――地図やBI、AIを組み合わせた「データ主導型営業」の利点

株式会社日立ソリューションズ

SFAを導入したものの、そのデータを営業活動に生かし切れていないという企業は多い。そこで注目されているのが、SFAに蓄積されたデータと社内外のデータを活用して、営業活動をさらに高度化する「データ主導型営業」のアプローチだ。

SFAやExcelの営業データをリアルタイムに可視化、事例に学ぶBIツール活用術

ウイングアーク1st株式会社

営業部門における課題として、進捗状況や売り上げの着地見込みがリアルタイムに把握できないというものがある。そんな中、ExcelやSFAの営業データを可視化し、数値に基づいた打ち手の実行を可能にするBIツールの活用が増えているという。

「営業 sfa」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。