「導入の意味」に関するIT製品を表示しています。

「導入の意味」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「導入の意味」に関する記事情報

人事管理ツールの導入状況(2022年)/前編

人事管理、従業員育成システムの「導入状況」や「利用形態」「導入のきっかけ」「満足度」などを調査した。実際に使っているツールの名前も挙げてもらった上で満足度などの利用実態を調べ、各人事システムの利用形態に関する回答を分析したところ、ある傾向が明らかとなった。

人事管理ツールの導入状況(2022年)/前編

人事管理、従業員育成システムの「導入状況」や「利用形態」「導入のきっかけ」「満足度」などを調査した。実際に使っているツールの名前も挙げてもらった上で満足度などの利用実態を調べ、各人事システムの利用形態に関する回答を分析したところ、ある傾向が明らかとなった。

専門調査で従業員体験を向上、日鉄ソリューションズが「Qualtrics EmployeeXM」を採用

日鉄ソリューションズは、クアルトリクスの従業員エクスペリエンス管理ソリューション「Qualtrics EmployeeXM」を採用した。導入の背景やクアルトリクスを選定した理由とは。

Azure ADの基礎を解説 オンプレとの違いやライセンス選定のポイントとは

クラウドシフトに伴い、オンプレミスで用いられる「Active Directory」の機能をクラウドでも使いたいという要望は多い。Microsoftがクラウドサービスとして提供する「Azure Active Directory」はActive Directoryの代替サービスになるのか、はたまた別物のサービスなのか。Microsoftサービスの開発と導入の専門家が、前編と後編にわたって解説する。

年末調整の電子化は進んでいる? システム導入のネックが明らかに

年末調整業務は人事部門にとって毎年発生する負荷の高い業務だ。さくら情報システムが実施した、「年末調整の電子化とシステム導入に関する実態調査」から、その実態を読み解く。

テレワークシフトが一段落 企業ネットワークの新たなフェーズは?

2020年はコロナ禍の対宅対応に追われたネットワーク部門。2021年は落ち着きを取り戻しつつあるように思えるが、調査によって新たな課題が浮き彫りになった。ネクストノーマル社会に合った最新ソリューション導入の動向を見ていく。

ノーコードとは? ローコードとの違いや導入の注意点を解説

ノーコードとは、コーディングのないプログラミングのこと。IT人材の不足を背景に、現場部門による開発に注目が集まっている。

「電子印鑑」とは? ”ハンコ”の強みと社内業務を電子化するメリット、導入の注意点を解説

テレワークの普及に伴って文書の電子化が進む。電子文書の真正性を証明する方法の中に、押印文化のメリットを残したままをビジネスを電子化する「電子印鑑」がある。社内外の承認プロセスを総合的に効率化する、電子印鑑の生かし方とは。

Windows 365の2つのプランの詳細は? 価格と注意点

「Windows 365 Cloud PC」のプランと価格が発表された。中小企業向けの「Windows 365 Business」と、大規模組織向けの「Windows 365 Enterprise」の2つが用意されているが、違いは何か。また導入の注意点は何か。

ノーコード/ローコードとは? メリットや両者の違い、導入のポイントを総整理

ノーコード/ローコード開発ツールが、ITの民主化を促すとして注目を集めている。ノーコードとローコードの違い、メリットやデメリット、導入形態、開発作業のイメージ、導入する際に気を付けるポイントなどを総整理する。

「導入の意味」に関するIT製品情報

高度化するサイバー攻撃を低コストで-死角のないセキュリティ対策の実現法とは

日本情報通信株式会社

インシデントの検知と対応の迅速化に欠かせないSIEM製品。しかし、従来の製品は専門スキルを要することが導入のハードルとなっていた。そこで低コストかつ、セキュリティアナリストによる導入サポートも付随したサービスが注目されている。

テレワークの課題、持ち出しPCの情報漏えい対策を低コストで実現する方法とは?

株式会社ラネクシー

テレワーク導入の課題となるのが、PC持ち出しによる情報漏えいをいかに防ぐかという点だ。だが、シンクライアントなど大掛かりなシステムは、コストや時間の問題などで導入できる企業は限られてしまう。では、これを解決する方法とは?

SIerをワークフロー開発・導入のエキスパートにするパートナーシップとは?

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

SIerにとって、幅広い関連製品の提案へとつなげやすいワークフロー製品を扱うことのメリットは大きい。そこで注目したいのが、ワークフローアプリケーションを開発する技術者の育成まで支援するSIer向けパートナープログラムだ。

仕事に“人間らしさ”をもたらすRPAやAI、全社導入のために解決すべき5つの課題

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

AIやRPAといったオーグメンテーション(技術による拡張)によって成果を上げるには、全社的な浸透が鍵となる。その取り組みにおいて多くの企業が直面する5つの課題と解決策を、調査結果から読み解く。

導入の主導権は誰にある? 6つの“型”で考えるSFA定着の秘訣とは

株式会社ジャストシステム

SFAをスムーズに現場へ定着させるには、導入の主導権を握る人物や導入形態などで異なる6つの“型”を知っておくことが不可欠だ。それぞれのメリット/デメリットとともに、型を踏まえたSFA選びのポイントを解説する。

「導入の意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。