「文教市場 動向」に近い情報
「動向」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「動向」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「動向」に関する記事情報

なぜ2桁以上の成長率を持続するのか 国内情報セキュリティソフトウェア市場動向

クラウド活用が進む企業において、これまで以上にセキュアな環境づくりが必要となっている。今回は、セキュアな環境づくりに欠かせない国内情報セキュリティソフトウェア市場の動向について見ていきたい。

2022年度のIT投資の内訳は? 特需が終わり、新たな投資動向が明らかに

本連載の番外編の本稿では、IT投資の増減の見込み、勤務先における重要課題、投資を予定している項目、興味、関心のある項目について尋ねた結果をまとめた。2021年度とは違う、新たなIT投資動向が明らかになる。

重要度を増すアイデンティティー管理 海外専門ベンダーが日本市場に本腰

ランサムウェア対策やゼロトラストの構築など、アイデンティティー管理への注目が高まっている。IT調査会社ITRは「アイデンティティー動向調査」の結果を、SailPointテクノロジーズジャパンは「企業のアイデンティティー管理に関する最新動向」について発表した。

リニア開通やSDGsが起爆剤になるか 専門家が語る国内地域別IT支出の予測動向とは

世界的に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が続くなか、国内における地域別のIT支出動向はどんな状況にあるのか。地域別IT支出の予測について見ていきたい。

法務DXの要、リーガルテックとは? 専門家がサービスの基本や業界動向を解説

法務業務に関するさまざまな「リーガルテック」サービスが登場している。法務の主な業務内容、リーガルテックの現状や動向、サービス選定時に着目すべきポイントなどを、法務の専門家が解説した。

「ひとり情シス」2022年の傾向 ベテラン情シスが“いなくなる”対策を

ひとり情シス協会は、独立系、大手企業グループ会社系の日本国内の中堅中小企業を対象に、「ひとり情シス実態調査」「中堅企業IT投資動向調査」を実施した。「ひとり情シス」の実情を探り、2022年に向けての新たな傾向が明らかになった。

企業全体のDX視点で取り組みを デジタルマーケティング関連サービス市場動向

多くの企業が取り組むデジタルマーケティング関連のサービス市場について、2025年での予測を示しながら、現在のトレンドを見ていきたい。

有識者による「2022年セキュリティ動向大予測」 注目したい4重の脅威とは

悪質さを増すランサムウェアから企業のデータをどう守るか。NTT Comのセキュリティスペシャリスト3人が、2021年の振り返りや2022年の最新動向をクロストークし、コンサルタントがゼロトラストをワンストップで実現するソリューションを解説した。

ゲームエンジンが社会を救う? 「データ流通プラットフォーム」最新事情

さまざまなデータの流通によって新たな価値創造につなげるために、各社がしのぎを削る「データ流通プラットフォーム」。ゲームエンジンの応用にまで議論が飛び交う、その最新動向に迫る。

インターネットブレークアウトは進んでいる? ネットワーク動向最新調査

業務環境がクラウドシフトする昨今、センター集中型のネットワークは非効率的だ。VPN通信を終端する装置への設備負担を減らす「インターネットブレークアウト」への注目度はどれほどか。企業のネットワーク環境の現況を紹介する。

「動向」に関するIT製品情報

クラウドメールへの攻撃が深刻化、その脅威動向とAIを活用した有効策を解説

トレンドマイクロ株式会社

クラウド型のメールサービスを利用する企業が増加する中、ビジネスメール詐欺(BEC)やクレデンシャルフィッシングなどの攻撃が巧妙化し、被害が拡大している。その動向と推奨されるセキュリティ対策について解説する。

2020年上半期脅威動向:新型コロナウイルス便乗型など、新たな攻撃の手口とは

トレンドマイクロ株式会社

新型コロナウイルスのパンデミックにより、組織はさまざまな変化を迫られている。一方で、この状況に便乗したサイバー攻撃も増加。今後の「新たな日常」ではどのようなセキュリティ対策が求められるのか、2020年上半期の脅威動向から探る。

2020年脅威動向予測:IoTを狙う攻撃やAIによる“なりすまし”をどう防ぐ?

トレンドマイクロ株式会社

2020年は新たな脅威の10年を迎える節目になるといわれており、IoTを狙う攻撃やAIを利用したなりすましなど、新たな脅威の登場が予測されている。セキュリティ専門家の知見を基に、想定されるシナリオと企業が取るべき対策を考察する。

2020年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えたマルウェアやサイバー犯罪の動向

トレンドマイクロ株式会社

2019年後半、日本でも「EMOTET(エモテット)」の攻撃が本格化。第4四半期には1万件を超え、前期比で61.7倍となった。その拡散経路や、国内最大のサイバー犯罪となったフィッシングの新たな傾向など、国内外の最新脅威動向を解説する。

2019年第3四半期最新脅威動向:“認証情報”に関する3つの脅威をどう防ぐ?

トレンドマイクロ株式会社

2019年の第3四半期、国内では認証問題に関連した脅威が顕著化する一方、海外ではランサムウェア、ビジネスメール詐欺の被害が拡大した。これらに対し、企業はどういった対策を取る必要があるのか。専門家の知見を基に考察する。

「動向」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。