「文書管理 種類」に関するIT製品を表示しています。

「文書管理 種類」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説文書管理とは?

文書管理ツールとは、文書のライフサイクル(作成/電子化/登録/収集/配布、活用/共有、検索、保管、廃棄)の一元管理を行うことで、重要文書に対する取り扱いの責任と権限を明確にしながら文書情報の活性化を図るツール。社内の各クライアントに点在している文書がデータベースサーバに集められ、見読性、完全性、機密性、検索性という4つの要件を維持しながらライフサイクルに従って管理される。

「文書管理 種類」に関する記事情報

文書管理ツールの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員327人を対象にアンケート調査を実施した。文書管理ツールの導入状況や管理する文書の種類など実態が明らかになった。

「文書管理 種類」に関するIT製品情報

30種の文書タイプの一元管理、親子属性の保持も可能な管理基盤の構築に成功

株式会社イージフ

全国約300箇所に展示場を持つ国内大手ハウスメーカーでは、本社と各会場との間で効率的に情報共有を行う基盤を必要としていた。約30種類の文書タイプを一元管理し、情報配信機能も持つ文書管理システムを、同社はどのように構築したのか。

「文書管理 種類」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。