「日本で開発された身近な技術」に近い情報
「日本で」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「日本で」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「日本で」に関する記事情報

日本をねらうサイバー攻撃集団、その手口と有効な対策とは

トレンドマイクロが公開した「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」では、日本で活動する攻撃者グループの詳細が明らかになった。その手口と講じるべき対策とは。実際の標的型攻撃事例を基に解説する。

「G検定」「E資格」とは? 難易度や合格率、問題の傾向を解説

AI(人工知能)を有効に活用できる人材の育成を目的として日本ディープラーニング協会が主催するもので、ゼネラリスト向けの「G検定」とエンジニア向けの「E資格」に分かれる。

2030年には国内で最大79万人不足 IT人材採用難の対処策

日本でも2030年に最大79万人が不足と予想される「IT人材不足」の課題。深刻化する問題に企業はどう立ち向かうのか。最新の調査結果を紹介する。

「チームでやってる感」は幻想? 日本のテレワークのトホホな実情

テレワークに関する最新調査で、日本ではチームコラボレーションに大きな課題が生じていることが明らかになった。

G検定受験者の特性は? 受験した目的は?【2021年調査】

日本ディープラーニング協会は、G検定の試験実施レポートを公開した。どのような年齢層や業種、職種の人が受験しているのか。どのような目的で受験を決めたのか。

KDDI版ジョブ型人事制度とは? 日本でも定着するか

国内企業では「新卒一括採用の見直し」や「成果主義制度」など、過去に人材の採用や評価方法の見直しが提唱されながらも従来の価値観が根強く残っている。そのような中、KDDIはジョブ型人事制度への移行を進めている。その狙いは。

非エンジニアの救世主「ノーコード」 日本で普及なるか

にわかにブームとなっている「ノーコード」。プログラミングの知識がなくともWebサイトやアプリ、ソフトウェアを作れるツールだ。コードの書けない人の救世主となるのか。

RPAで事務処理の9割以上を削減、業務に「全集中」できる経理部門に変えた2つの取り組み

ITサービス事業とエンジニアの派遣事業を中核とする日本ディクスは、収支表の作成とエンジニアの派遣先への請求処理に毎月多くの時間を費やしていたが、RPAを活用した2つの策によって工数を大幅に削減できたという。その策とは。

日本では身の安全よりもビジネス優先、コンカーが出張に関する国際比較調査

コンカーは、出張に関する国際比較調査の結果を発表した。日本で出張が「楽しみ」と答えた割合は世界平均よりも低い一方で、身の安全よりも出張の目的を優先する傾向があった。

これからどうなる5G 日本での活用方法は……「おすし」?【最新事例集】

本格利用の始まった5G。世界各国の5G活用事例を紹介する。

「日本で」に関するIT製品情報

2020年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えたマルウェアやサイバー犯罪の動向

トレンドマイクロ株式会社

2019年後半、日本でも「EMOTET(エモテット)」の攻撃が本格化。第4四半期には1万件を超え、前期比で61.7倍となった。その拡散経路や、国内最大のサイバー犯罪となったフィッシングの新たな傾向など、国内外の最新脅威動向を解説する。

海外で増すシャドーITの懸念、クラウドサービス単位のリスクをどう可視化する?

株式会社IIJグローバルソリューションズ

クラウドサービスの利用拡大とともに、情報漏えいリスクも増加している。特に海外展開する企業にとって懸念されるのがシャドーITだ。日本で知られていないサービスが海外拠点で利用されるケースも多く、対策が喫緊の課題となっている。

中小・中堅企業の変革の妨げとなる“レガシーシステム”からどう脱却する?

株式会社WorkVision

先進デジタル技術によるビジネス変革は、中小・中堅の企業にとっても大きな効果が期待できるものだが、まだ日本ではその実践例が多くない。デジタル技術の導入を妨げる要因は何か、そしてそれを取り除くために何が求められるのか。

日本の「働き方改革」は的外れ? 日本で働いた経験のある米国女性の視点とは

ヴイエムウェア株式会社

働き方改革を進める上で、多くの企業が柔軟な働き方と生産性の両立に悩んでいる。職場の概念が変化する中、日本で働いた経験を持ち、現在は米国シリコンバレーで働く識者が指摘する、日本の働き方改革の課題と解決策とは?

日本で足掛かりを得たい海外企業が、データセンターに求めるべき要件とは?

Coltテクノロジーサービス株式会社

海外企業が国内でビジネスを展開する際の障壁に、商習慣や言語に対応したデータセンターの選択肢の乏しさがある。では、こうした海外企業向けにインターネットサービスを提供する企業は、どんなデータセンターを利用しているのか。

「日本で」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。