「書類 紛失 防止策」に近い情報
「書類」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「書類」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「書類」に関する記事情報

電帳法対応はどこから始める? ペーパーレス化から始めるDXのステップ

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。2022年1月1日に施行が迫っている令和3年度の改正が注目されています。この電子帳簿保存法の対応を足掛かりに、電子化・ペーパーレス化を今後どのように進めていくべきか、そのポイントについて解説します。

ユースケースで分かる改正電帳法、電子取引情報の電子化ポイントは?

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。2022年1月1日に施行が迫っている令和3年度の改正内容を受け、急ぎ検討を進める必要のある電子取引情報への対応について、その考え方や進め方のポイントを解説します。

文書ごとにルールが違う:令和3年電帳法改正、帳簿書類保存ルールの変更点まとめ

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。2021年7月16日に国税庁のWebサイトで令和3年度改正に対応した「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)」が公開されました。この内容から、帳簿データ、書類データ、スキャナ保存データに関連する改正内容について解説します。

令和3年度電帳法の一問一答より、電子取引情報の改正ポイント

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。2021年7月16日に国税庁のWebサイトで令和3年度改正に対応した「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)」が公開されました。この内容から、電子取引情報を保存する際の具体的なケースについて解説します。

弁護士が解説「マッチングアプリからの個人情報漏洩」の問題点と法務部門がとるべき対応

マッチングアプリのサーバが不正アクセスを受けた。漏洩した可能性がある情報には、現在ではユーザーから提供を受けることが禁止されている書類も存在した。企業は通例通り「1件あたり500円前後」の補償をすべきか。それぞれの問題を、過去の判例や最新の法規制に基づいて弁護士が解説する。

【令和3年度】電子帳簿保存法の改正ポイント

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。1998年に施行されて以来何度か改正されていますが、2022年1月1日に施行が迫っている令和3年度の変更内容が注目されています。この改正内容と対応スケジュールについて分かりやすく解説します。

電子帳簿保存法とは? 令和3年度の改正が注目されるワケ

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」(電帳法)。1998年に施行されたこの法律が、なぜいま再度注目されているのでしょうか。その背景と、電帳法の内容について分かりやすく解説します。

第一生命の書類判定AIは「不確かさ」も自覚、手続きの40%を自動化へ

難読文字やくずし文字、非定型文書を扱うAIには読み取り精度だけではなく「不確かさ」への自覚も重要だ。第一生命が導入するAI-OCR基盤は不確かさを判定して精度を高めるアプローチを取る。

面倒な確定申告、簡単に書類を作成するには? 電子申告のポイント

2019年分の確定申告が2020年2月17日から始まった。新型肺炎(COVID19)流行の懸念もあり国税庁は電子申告を推奨、2020年分からは電子申告優遇措置も始まる。

最新ワークフローツールの役割と7つの導入メリット

さまざまな業務プロセスの中で、伝票や帳票などと呼ばれる紙の書類がつなぎ役を果たしてきた。紙は便利だが、業務のボトルネックにもなり得る。ワークフローツールは、業務改革を進める重要なツールの1つだ。

「書類」に関するIT製品情報

紙ベースの営業申請を電子化 1帳票あたり毎月300枚を削減

サイボウズ株式会社

営業1人あたりのFAX代1万円強/月が、800円の費用で済むようになった。紙ベースの書類処理に悩んでいた日本ヒルティが、ペーパーレス化に成功した、そのツールとは?

申請書類を手軽に作成、ペーパーレスと申請・承認状況の見える化を両立するには

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

オフィスの申請作業では、紙の書類が現役で使われている。これらの作成や提出、修正には多くの手間がかかり、かつ申請の承認状況が把握できないことが大きな課題となる。こうした業務を効率化する方法を紹介する。

書類も会議も作業指示も効率化、鹿島建設に学ぶコラボレーションツール活用法

シスコシステムズ合同会社

IT化が進みづらい建設の現場で、積極的にITの導入を進める鹿島建設。今ではコラボレーションツールを活用し、業務の効率化と円滑な情報共有を実現している。現場の声を基に、このツールの実力と活用のポイントを探る。

経費書類の電子化容認後も負担の減らない経理部門、その解消策となる技術は?

SCSK株式会社

2018年の電子帳簿保存法の改正後も、国内企業の経費精算業務の電子化は進んでいないようだ。経理財務部門の担当者を調査したところ、その多くが業務を電子化できず、負担に苦しんでいた。ただ、その課題から見えてきた解決策もあるという。

さあ、人事・労務から変わろう ペーパーレス化の第一歩

株式会社SmartHR

人事・労務部門が手掛ける業務はいまだに紙の書類への依存度が高く、それらが業務効率を下げ、結果として組織の全スタッフに多大な負担を強いている。紙ベースの環境から脱却し、真のペーパーレス化に向けて踏み出す一歩はここにある。

「書類」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。