「業務効率化 rpa」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「業務効率化 rpa」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「業務効率化 rpa」に関する記事情報

iPaaSとは? RPAとの違いや導入メリット、主要製品5つを紹介

業務自動化における「RPAの弱点」を補い、処理を自動化する。サイロ化したシステムを連携して業務効率化を図る。

「RPA向き」の仕事はどこにある? 年間400時間の業務削減事例から考える

労働人口の減少による人員確保の難化は、今後あらゆる企業が向き合う課題になる。それにいち早く取り組んだ企業が、年間400時間もの業務効率化を果たした。RPAによる自動化に適した「ムダな業務」はどこにあったのか。

RPA+OCRで残業はどのくらい削減できる? パナソニック ソリューションテクノロジーの事例に学ぶ

世に先んじてRPAとOCRの連携に取り組み、業務効率化の効果を出したパナソニック ソリューションテクノロジー。その舞台裏には何があったのか。

プロセスマイニングとは? RPAとの関係、効果、製品選定や運用のポイント

業務効率化の特効薬として期待を寄せられるRPAだが、導入に伴う業務の棚卸しには多くの企業が苦労している。この問題を解決に導く「プロセスマイニング」という手法がある。一体どのようなものなのか? 概念や効果、製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

RPA、AI、チャットbot、期待はあるが一般化はまだ先

RPA、AI、チャットbot。働き方改革を実現する手段として注目を集める業務効率化のツールだ。ツールへの期待が過熱する中、業務の自動化に関する企業の取り組みはどうなっているのか。

仕事を奪う略奪者なのか? 業務効率化に寄与する「RPA」の現実

仕事を奪う略奪者として警戒される向きもある「RPA」。その実態について迫りながら、RPAがどう役立つのか、ポイントを解説する。

「業務効率化 rpa」に関するIT製品情報

RPAの定着により、1カ月に20時間の作業時間削減や意識改革を達成

株式会社FCEプロセス&テクノロジー

三和ホールディングスではグループ会社全体で働き方改革を推進、さまざまな業務効率化を図っている。そうした取り組みから、RPAを活用した業務自動化事例を紹介する。

効果的な業務自動化を、利用者目線のサポートで中小企業のニーズに応えるRPA

ロジウム株式会社

業務効率化の有効策として注目されるRPAだが、成果を上げるには業務課題に適した製品選びが重要になる。そこで有効なのが、価格や用途など幅広いビジネスニーズに応えるだけでなく、利用者目線で開発されている“人ありきのRPA”だ。

開発ツールやRPA機能も搭載、「基幹系/情報系統合ソリューション」の実力とは

株式会社OSK

業務効率化に向け、基幹系/情報系システムの活用が進んでいる。その一方で、データの二重入力や転記ミスなど、改善の余地は大きい。そこで注目したいのが、基幹系/情報系システムを同一プラットフォームで運用できるソリューションだ。

RPAのテンプレート活用で、経理部門の6つの業務を平均80%削減可能

株式会社日立システムズ

手作業のルーティンワークが多い経理業務は、RPA化で劇的な業務効率化が望めると注目されている。標準化対象の選定やPoC(概念実証)など、本運用までの道のりが意外と険しいRPA導入を、手軽に短期間で可能にするものはないだろうか。

経理業務の自動化推進マニュアル――事例形式で学ぶRPA導入成功ポイントとは

株式会社日立システムズ

RPAと親和性が高いとされる経理部門の業務だが、「とにかくRPAさえ導入すればすぐに業務効率化ができる」と考えてしまうのは間違いの元だ。適切なステップを踏み、確実な導入効果を得るためのポイントとは何かを、事例形式で探っていく。

「業務効率化 rpa」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。