「標的」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「標的」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「標的」に関する記事情報

APT攻撃とは? 従来の標的型攻撃との違いや攻撃に国家が関わる背景を解説

APT攻撃とは高度な持続的標的型攻撃を意味する。従来のサイバー攻撃とは異なり、国家ぐるみで他国の官公庁やインフラ事業、金融機関などを狙うことを特徴とする。

社内派閥の“ヤバい事情”をメールで誤送信……2021年セキュリティ反省会

キーマンズネット会員678人を対象に「勤務先のセキュリティ対策状況」を調査した。読者からは標的型攻撃の経験談の他、「従業員が勝ってにPCのSSIDを変えた」などセキュリティにまつわる“トンデモ”エピソードが数多く寄せられた。

「プレステ5が買えない……」その裏で転売屋と暗躍する“もう1人の悪者”:636th Lap

人気商品の裏には転売屋の影あり。販売からもうすぐ1年がたとうとする「PlayStation 5」も転売屋の標的となった。その転売屋の裏で暗躍する厄介な存在が報告された。

標的型攻撃への対策状況(2021年)後編

テレワークの普及によって標的型攻撃の手法も「進化」しており、企業の対策といたちごっこになっている。システム導入と並行して従業員のセキュリティ意識向上にも取り組む必要がある中で「つい開いてしまう」メールによるヒヤリハットが続いていることも分かった。

標的型攻撃への対策状況(2021年)前編

テレワークの定着によって標的型攻撃がどのように「進化」しているのか、企業の対策はどの程度進んでいるのかを調査したところ、全体的には明確な進歩が見られる一方で「狙い目」になっている可能性のある企業も見えた。

Microsoft Teamsも標的に? 2021年に注意すべき脅威予測、テレワーカーに迫るサイバー攻撃とは

2021年脅威予測レポートによれば、世界中でテレワークの実施が進んだことで家庭でのデジタル機器の利用が増加し、個人の自宅を経由してオフィスを狙う攻撃へと変化しているという。

155億円を荒稼ぎしたランサムウェアを拡散する“規律正しい”攻撃者って?:595th Lap

2021年も標的型攻撃による被害はとどまることを知らない。そんな中、日本円にして155億円もの被害を生んだランサムウェアが存在するという。しかし、その攻撃者は“規律正しい”というが、どういうことか?

標的型攻撃への対策状況(2020年)/後編

キーマンズネット編集部は、「標的型攻撃の対策状況」に関する調査を実施した。標的型攻撃の現況を2019年と比較して紹介しつつ、標的型攻撃対策のIT活用状況などについて紹介したい。

標的型攻撃への対策状況(2020年)/前編

キーマンズネット編集部は、「標的型攻撃の対策状況」に関する調査を実施した。標的型攻撃の現況を2019年と比較して紹介しつつ、回答者に実際に送られてきた標的型攻撃メールの回答を紹介したい。

インシデントの“着弾点”を防御せよ! 成長続く標的型サイバー攻撃対策の最新事情

インシデントの高度化に伴って、従来のシグネチャベースの対策とは異なるアプローチを採用した新興市場が注目されている。そんな標的型サイバー攻撃対策ソリューションの最新事情に迫る。

「標的」に関するIT製品情報

標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」

株式会社クオリティア

メール添付のファイルにウイルスを仕込んでくるケースが多発。マクロの除去+目視による確認で標的型メール攻撃を防御! さらに、「サンドボックスオプション」を付けることで漏れのないウイルスチェックを可能にする。

侵入後対策からネットワーク分離まで、新宿区などに学ぶセキュリティ対策強化術

トレンドマイクロ株式会社

標的型メールや未知のマルウェアの被害が急増する地方自治体や官公庁では、今や民間企業と同様の防御策を講じる必要に迫られている。ネットワークの可視化をはじめとする課題に向き合う各組織の事例から、その実践のヒントを探る。

セキュリティ製品の更新時に確認すべき「3つのポイント」

株式会社PFU

2015年、国内で標的型サイバー攻撃による大規模な情報漏えいが発生したことを契機に、多くの企業がセキュリティ製品を導入した。それから約5年。ちょうど更新時期を迎える今、あらためてセキュリティ環境を見直しておきたい。

標的型攻撃に有効な「内部対策」、初導入でも運用できる製品選びのポイント

株式会社PFU

IPAの「情報セキュリティ10大脅威」では、組織にとっての脅威のトップに標的型攻撃がランキングされ続けている。だが、標的型攻撃に有効な「内部対策」は、導入・運用のハードルの高さから未着手の企業も多い。どう着手すればよいのか。

botを利用した不正行為をどう防ぐ? 犯罪者が用いる主要な手口と有効な対策

F5ネットワークスジャパン合同会社

デジタルイノベーションは攻撃者にも新たな手法をもたらしている。こうした状況におけるセキュリティ対策で重要となるのが、アプリケーションを攻撃者にとって「より手ごわい標的」にするためのアプローチだ。

「標的」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。