「比較 項目」に関するIT製品を表示しています。

「比較 項目」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「比較 項目」に関する記事情報

Windows Server 2012サポート終了への対策状況(2022年)/後編

「Windows Server 2012/2012 R2」延長サポート終了の2023年10月が近づいている。キーマンズネット編集部は読者アンケートを実施し、対応状況を聞いた。後編となる本稿では、サポート終了に伴う検討項目やOSを移行しないリスク、フリーコメントで寄せられた"情シス100人の心境"を見ていく。

2022年度のIT投資の内訳は? 特需が終わり、新たな投資動向が明らかに

本連載の番外編の本稿では、IT投資の増減の見込み、勤務先における重要課題、投資を予定している項目、興味、関心のある項目について尋ねた結果をまとめた。2021年度とは違う、新たなIT投資動向が明らかになる。

電話業務デジタル化最前線 通話内容から必要項目を自動抽出する技術とは

コンタクトセンター業務の自動化に関する実証実験が始まった。機械学習技術を活用して、自動車保険の車両入替に必要な項目を、電話の通話内容から自動的に抽出するという。どのような技術なのだろうか。

やる気ない退職しない、悪影響は50倍与える「ゾンビ社員」の実態と対処法

Perceptyxの調査によると、企業に属する調査対象者のうち約34%が「仕事に不満があり、やる気はなく、退職の予定はない」と回答したという。さらに、ある調査項目においては、やる気のない従業員が、やる気のある従業員に比べて50倍近い悪影響を与える事実も明らかになった。

2021年度のIT投資の内訳は? コスト削減よりも今企業が頭を抱えていること

本連載の最終回では、IT投資の増減の見込み、投資を予定している項目、興味、関心のある項目、勤務先における重要課題について尋ねた結果をまとめた。例年と比較して、企業の投資は何がどう変わろうとしているのか。

日本のDXは顧客そっちのけ? 世界と乖離した国内DXの歪み

IDCが調査したDXにおける適用業務を見ると、日本と世界企業とである項目に差が見られた。日本はDXにおいても“ガラパゴス化”するのだろうか。

コロナ禍で何があったか 「エンタープライズIT10大予測」から読み解く2020年と2021年

IDCが恒例の「国内IT市場の主要10項目」の2021年版を公開した。そこでコロナ禍前に発表された2020年版を振り返り、エンタープライズITがどのように変化したか、その変化が2021年にどう影響していくかを読み取る。

災害時の初動対応を短縮するには? 被災情報収集の問題点とシステム活用のポイント

一口にBCP対策といっても、計画の策定やリスクアセスメント、安否確認、システム対応、通信、連絡手段の確保など対応すべき項目は多岐にわたる。その中でも、拠点からの情報収集は事業継続を考える上でも重要な意味を持つ。

表で分かる、ディープラーニングと従来の画像認識の違い

ディープラーニングを使った画像認識は、従来の方式と何が違うのでしょうか。現場の技術レベルや認識対象の特長といった項目ごとに、表で説明します。さらに、ディープラーニングを使うべきではないケースについてもお伝えします。

AI、RPA? 勤務先の「2019年度注力投資分野」を聞いた結果

キーマンズネット読者1541人に対して、勤務先での2019年のIT投資分野と今関心のある分野について聞いた。投資を予定する分野では2018年の調査結果と比べて大きく伸びを見せた項目があったが、一体どの分野が伸びたのか。

「比較 項目」に関するIT製品情報

知らなかったでは済まされない、「働き方改革関連法」対応での注意点とは?

株式会社SmartHR

働き方改革関連法の順次施行に伴い、企業には待ったなしの対応が迫られている。時間外労働の罰則付き上限規制など、特に対策が急がれる項目をはじめとした要注意ポイントについて、コンプライアンスの観点から対応策を解説する。

MAの効果を引き出すために不可欠、“運用設計”で決めるべき5つの項目とは

株式会社ブレインパッド

国内外の多くの企業で導入が進む、マーケティングオートメーション(MA)だが、社内での定着/活用が十分にできていない企業も多い。効果を引き出すために不可欠な“運用設計”のポイントを解説する。

クラウド移行で見落としがち、初期段階でのパフォーマンス監視を最適化するには

New Relic株式会社

クラウド移行で見過ごされがちなのが、計画/移行フェーズにおけるアプリケーションやインフラのモニタリングの重要性だ。それら2つの段階でそれぞれ行うべき項目と、各ステップで適切な意思決定を行うためのツールについて解説する。

モバイルアプリ活用マーケの成否は開発前に決まる? 企画段階の5つの検討項目

株式会社ランチェスター

モバイルアプリ開発の成否を分けるポイントは、実は社内で検討を始める“企画の初期段階”にある。アプリをただ導入するだけでなく、その後のマーケティングでビジネスを成長させるために、知っておくべき「5つの項目」を紹介する。

人気の2製品で違いを解説、ハイパーコンバージドインフラ選定で比べるべき5項目

横河レンタ・リース株式会社

各ベンダーからさまざまなハイパーコンバージドインフラ(HCI)が提供される中、どのような基準で製品を選定すればよいのか。人気の2製品の違いを例に、自社に最適なHCIを見極めるための5つの比較ポイントを解説する。

「比較 項目」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。