「比較検討書の書き方」に近い情報
「比較検討」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「比較検討」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「比較検討」に関する記事情報

57%のCIOが"システムを入れ直したい"と後悔 92%は新しいサービスの追加を検討

レノボは、DXの浸透に伴い企業のIT依存度が高くなったことからCIOの責任が拡大したとして、世界のCIOを対象とする調査を実施した。調査結果では57%のCIOが"システムを入れ直したい"と後悔していることが明らかとなった。

Windows Server 2012サポート終了への対策状況(2022年)/後編

「Windows Server 2012/2012 R2」延長サポート終了の2023年10月が近づいている。キーマンズネット編集部は読者アンケートを実施し、対応状況を聞いた。後編となる本稿では、サポート終了に伴う検討項目やOSを移行しないリスク、フリーコメントで寄せられた"情シス100人の心境"を見ていく。

悲鳴を上げるプロキシ、今こそ検討したい「クラウドSWG」って?

新たな働き方に合わせた企業のネットワーク環境が必要になる中で、企業内に設置してきたプロキシから脱却し、Webフィルタリングをはじめゲートウェイセキュリティとしての豊富な機能を提供するクラウドSWG(Secure Web Gateway)へのニーズが高まっている。そんなクラウドSWGの実態に迫る。

ユースケースで分かる改正電帳法、電子取引情報の電子化ポイントは?

紙書類を電子化して保存するための法律である「電子帳簿保存法」。2022年1月1日に施行が迫っている令和3年度の改正内容を受け、急ぎ検討を進める必要のある電子取引情報への対応について、その考え方や進め方のポイントを解説します。

NECが実践して分かった「ERPの脱オンプレ」の成否を決める7つのステップとは?

企業の間で“脱オンプレ”の動きが進む。NECはサイロ化した基幹システムの刷新において、クラウドの道を選択した。当初は、SAP ERPからオンプレミスのSAP S/4HANAへの移行を検討していたが、それを振り切って完全クラウドシフトを決意した。

「クラウドファースト」はどこまで伸びる? 市場拡大のピークとは

IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。パブリッククラウドを優先的に検討する企業の割合は2019年度調査から急進し、2025年の市場規模は2020年の2.4倍になると予測する。

クラウド時代の認証基盤「IDaaS」導入のススメ

企業の業務システムがクラウドへ移行するなか、各クラウドへ柔軟にアクセスするための認証基盤としてIDaaS導入が企業で検討されている。そんなIDaaS活用のメリットなどについて詳しく見ていきたい。

教育界でもHRTech導入の兆し ITを活用して教員の人事評価を実施、検討進む

教員の人事評価と、人事評価に関する技術の活用について調査によると、人事評価を実施または検討している学校の割合は8割以上に及んだ。

RPAの“魔法”は万能ではない? 検討企業の懸念と導入企業の不満

アンケート調査からRPAの導入実態を紹介する本連載第3回では、導入検討企業が抱えている懸念を導入企業の声と照らし合わせて紹介したい。

アナリストが解説、二桁成長が期待される「HCIの最新トレンド」

仮想化基盤として企業での導入検討が進んでいるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。運用管理や拡張性の面でメリットが得られるHCIについて、企業における利用状況や今後の成長率について概観しながら、最新動向を見ていく。

「比較検討」に関するIT製品情報

14年間利用してきたNotesの移行で営業担当の業務は効率化したか?

サイボウズ株式会社

中野製薬では、営業担当の業務効率化を目的に、グループウェアの見直しを検討していた。長年利用してきたNotesからの移行を同社はどのように成功に導いたのか。

ファイルの完全自動暗号化で、データ流出後の対策を強化

アルプス システム インテグレーション株式会社

データ流出後の対策として、ファイル暗号化を検討。ITスキルが高くない職員でも無理なく使えるツールをスピード導入した経緯を情報システム担当者が語る。

HCI導入検討時の最大の疑問、「最良の選択肢」となるかどうかはどう見極める?

日本電気株式会社

仮想化環境の運用管理におけるさまざまな課題を解消するものとして注目されるハイパーコンバージドインフラ。その導入を検討する企業が一番に知りたい、「他の選択肢とのメリットの違い」や「HCI導入で狙った効果を得る方法」を解説する。

人手不足の情シスの救世主? 構築から保守まで効率化する「次世代HCI」の実力

日本電気株式会社

DXの推進により管理すべきシステムが増加する中、人手不足に悩む情報システム部門の負荷が高まり続けている。この状況を打破するものとして注目されるのが、導入検討から保守に至るまでの、作業プロセス全体を効率化する次世代HCIだ。

特権ID管理製品の導入時に知っておきたい、3つの製品タイプと注意点

株式会社アシスト

インフラを構成するサーバを始め、データベースやアプリケーションなどにも特別な権限を持ってアクセスできる特権IDは、適切かつ安全な管理を徹底する必要がある。その管理や運用のパターンを知った上で、自社に最適な手法を検討したい。

「比較検討」に関する新着セミナー

事業リスクと説明責任。なぜXDRは「最優先」で検討すべきなのか

株式会社IIJグローバルソリューションズ

2022/06/10(金)11:00~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ネットワークセキュリティ

「比較検討」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。