「状況」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「状況」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「状況」に関する記事情報

「欲しいSaaS、いらないSaaS」くっきり 巨大な潜在需要が眠る業界は

キーマンズネット会員678人を対象に「SaaS型業務アプリケーション」の利用状況を調査した。コロナ禍をきっかけに使い始めたSaaSを「やめられない」状況がある一方で、新しく導入したい注目のSaaS、導入意欲の高い業界などが明らかになった。

安否確認サービスとは? メリットやデメリット、主要サービスを解説

災害時に従業員の状況を素早く把握して事業の継続や不要なリスクの回避を支援する。東京都内の企業を中心に導入が推奨されるが普及率は高くない。

電子保存義務「2年宥恕(ゆうじょ)」発表 企業の“リアル”な対応状況が明らかに

2021年12月10日、「令和4年度税制改正大綱」が発表され改正電帳法における電子保存の義務化に2年の宥恕措置が盛り込まれた。発表後の経理担当者947人のアンケート結果から、企業の電子帳簿保存法の対応状況が明らかになった。

ファイルサーバとクラウドストレージの利用状況(2022年)/前編

ワークスタイル変革が進む中で、ファイルやデータの“置き場”が一つの問題として挙がる。クラウドストレージはセキュリティリスクの懸念もあるが、2021年末にかけて大手企業でのファイルサーバへの不正アクセス事件が報じられた。こうした状況の中で、ファイルサーバとクラウドストレージの利用状況を探った。

社内派閥の“ヤバい事情”をメールで誤送信……2021年セキュリティ反省会

キーマンズネット会員678人を対象に「勤務先のセキュリティ対策状況」を調査した。読者からは標的型攻撃の経験談の他、「従業員が勝ってにPCのSSIDを変えた」などセキュリティにまつわる“トンデモ”エピソードが数多く寄せられた。

時代はハイパーオートメーション、だけどホントにRPAで実現したいのは?

5回にわたってお届けする本連載の最終回となる本稿では、RPA製品の用途や選定する際の指針、今後RPAに期待する機能などを尋ね、その結果を紹介する。RPAとAIなどのテクノロジーを組み合わせた「ハイパーオートメーション」の導入状況や、その実態も読み解く。

コミュニケーションツールの利用状況(2021年)/後編

先行してビジネスチャットツールを活用している企業が感じるメリットや課題、未導入企業が「なぜ使っていないのか」を調べたところ、導入した企業が新たな課題に取り組みつつある一方で、未導入企業の出遅れが深刻化している様子が見えた。

コミュニケーションツールの利用状況(2021年)/前編

ビジネスチャットツールは、ビジネスの非対面化に伴うコミュニケーションの課題を支援すると期待されて導入が急進した。一方、先行して導入していた企業では、新たな課題が顕在化している。

iPaaS(Integration Platform as a Service)の利用状況(2021)/後編

RPAによる自動化の範囲を拡大し、一気通貫の業務自動化を目指す「ハイパーオートメーション」の文脈でiPaaS(Integration Platform as a Service)の有用性がうたわれている。一部の企業は早くもRPAを補完するツールとして認知しているようだが、「プロセス自動化の業」とも言える不安要素があるようだ。

iPaaS(Integration Platform as a Service)の利用状況(2021)/前編

近年、「iPaaS」(Integration Platform as a Service)という用語を頻繁に耳にするようになった。システム連携のコストや工数削減を実現するものとして、また業務自動化のあらたな一手として期待を集めているiPaaSの現在地をさぐる。

「状況」に関するIT製品情報

原価管理を工場間で統一、計画原価作成時間を年間500時間削減

JFEシステムズ株式会社

複数拠点を持つ企業では、原価管理の仕組みが不統一だと全社的な状況把握に時間がかかるなどの非効率が発生してしまう。そうした問題をどうすれば解消できるだろうか。

ログ分析でアプリ利用状況を棚卸し、6000万円のコストを抑制

株式会社ラネクシー

ミツカングループでは、Officeアプリケーション買い替えの際、ユーザーのログを取得・分析し、本当に必要なライセンスのみに絞ったことで約6000万円のコストを削減できた。

営業の案件情報の入力をしやすくし、活動状況の見える化を促進

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

営業の案件情報は、担当者によって入力情報のばらつきがあったり、抜け漏れがあると効率的な管理が行えなくなってしまう。どうすれば効率的な案件管理が行えるだろうか。

手作業のIT資産管理から脱却 リモートでトラブル対応も可能に

株式会社ディー・オー・エス

IT資産管理をAccessやExcelで行うことで、管理工数に大きな負担が生じていたトヨタホームは、IT資産管理ソフトを新規導入。機器の利用状況把握をはじめ業務を効率化した。

営業活動のリアルタイムな状況把握、情報共有を実現する方法とは

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

日々状況が変化する営業活動は、タイムリーな状況把握と迅速な対応が重要だ。しかし、状況把握の仕組みが整備されていないと、機会損失につながることも……

「状況」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。