「統合する 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「統合する 意味」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「統合する 意味」に関する記事情報

Google WorkspaceとSAP S/4HANAが統合 新たな連携機能とは?

Google CloudとSAPは両社の関係を拡大し、Google WorkspaceとSAP S/4HANA Cloudを新たに統合する。SAPソフトウェアとGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートとの間で、データをエクスポートやインポートを可能にする。

UiPathとSnowflakeがパートナーシップを締結、何ができる?

UiPathはSnowflakeとパートナーシップを結んだと発表した。RPAの効果を可視化する「UiPath Insights」をSnowflakeのプラットフォームに統合する。何が可能になるのか。

IBMがプロセスマイニングの会社を買収、狙いは

IBMは、プロセスマイニングソフトウェアを手がけるイタリアのmyInvenioを買収することで同社と最終合意した。買収が完了し次第、IBMはmyInvenioの機能を、IBM Cloud Pak for Business AutomationなどのIBMの自動化ツール群に統合する。その狙いとは。

入れて分かった「Microsoft 365」導入における7つの“つまずき”ポイント

VTVジャパンは組織内に乱立していたメール、チャット、掲示板などのツールをMicrosoft 365に統合することを考えた。単にツールだけでなく、導入、運用設計など考えることは多い。実際に入れて分かった7つの注意ポイントを解説する。

「統合する 意味」に関するIT製品情報

ハイブリッドクラウドの課題、細分化するインフラや運用ツールをどう統合する?

ヴイエムウェア株式会社

オンプレミスとクラウドとの併用が一般的になってきた中、サイロ化を避けつつ、多様な環境全体を管理するには、ハイブリッドクラウドの実現が欠かせない。そのためには、さまざまなタイプの“統合”が必要になる。

インフラのサイロ化で拡張性・コストに課題――基盤統合の鍵となる注目技術とは

ヴイエムウェア株式会社

プロジェクトや事業部単位で構築したサービス基盤がサイロ化を招き、管理面の課題となるケースは多い。仮想化基盤を統合するにあたって検討したいのが、データセンター間の完全同期・高可用性を容易にするストレッチクラスタ構成だ。

多様な11組織のサイトを統合する、柔軟でセキュアなポータルの作り方

株式会社イージフ

関連団体や企業を11も抱える出版社の商事法務。管理コストを削減し、業務を効率化するため、形式の違う複数のサイトを統合しポータルサイト化する計画を立てた。同社の目的にかなった、柔軟でセキュアなソリューションとは。

マイクロサービスなど最新アプリケーションをシンプルに統合する「3つのカギ」

レッドハット株式会社

アプリケーションを統合するために従来利用されてきたESBだが、新規アプリケー ションの開発やマイクロサービスなどに対応しきれないという課題を抱える。 そこで注目されるのが、分散インテグレーションやAPIなどの3つの技術要素だ。

海外拠点向け次世代会計基盤システム「mcframe GA」

ビジネスエンジニアリング株式会社

25の国と地域、600社超の導入実績。全ての海外拠点データを統合する、海外進出企業のための次世代会計基盤システム 

「統合する 意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。