「認識 認識」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「認識 認識」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「認識 認識」に関する記事情報

テレワークの若手の4割は転職希望 部下が辞める上司の特徴とは

リモートシフトが進む中、成長に対する不安を抱える若手社員は多い。Institution for a Global Societyの調査から、上司と部下間で起きるコミュニケーション認識のずれや、上司の“受け入れがたい”自己評価と他者評価のギャップが明らかになった。

議事録作成の時間を約7割も削減 飛島建設がAI音声認識の実体験を語る

飛島建設は、取引先との定例会議の議事録作成に時間と労力がかかりすぎるという悩みを抱えていた。AI音声認識を活用して議事録作成を自動化しようとしたが、当初は認識の精度がイマイチだったという。しかし、あるブレークスルーによって、最終的には議事録作成の時間を約7割削減した。どのようなブレークスルーがあったのか。

テレワークで管理職と一般社員のコミュニケーションを円滑にする3つの方法

管理職と一般社員を対象に、コミュニケーションに関する意識の違いを調査した結果が発表された。立場によって認識や課題感に差があり、コミュニケーションが難しくなっている傾向が見えた。

「働きやすい会社」を作るために有効な施策とは、行動と認識にギャップ

SmartHRは、「働きやすい会社」をテーマにした調査の結果を発表した。業務効率化サービスの導入と賃金見直しが、従業員が働きやすい会社をつくるために有効だと捉えつつも、実際の行動には至っていない様子が明らかになった。

大手ITベンダーが次々と顔認識技術の提供、開発の停止を表明 その理由は?:567th Lap

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

なぜクラウド導入は進まないのか? クラウド利用に及び腰の理由とは

ガートナーの調査によると、クラウドに対する認識と導入やスキル獲得に大きな乖離があることが明らかとなった。その理由はなぜだろうか。

顔認識は思い切って禁止! EUの決断は果たしてどうなるか:547th Lap

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

顔認識は思い切って禁止! EUの決断は果たしてどうなるか:547th Lap

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

顔認識は思い切って禁止! EUの決断は果たしてどうなるか:547th Lap

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

「認識 認識」に関するIT製品情報

文字認識の自動化で帳票処理の手間を削減、RPAとOCRをスムーズに導入する方法

株式会社システナ

AIより導入難度が低いことから、企業規模を問わず導入が進むRPA。その数ある用途の中でも特に注目されているのが、OCRとの連携による文字認識の自動化だ。これらを組み合わせ、トータルな導入支援までサポートするサービスを紹介する。

産業用画像分析に特化したディープラーニング技術とは

アプライド株式会社

ディープラーニングの製造業現場での活用事例が出始めている。特に画像認識技術を活用した検査では、目視検査の柔軟性とコンピュータシステムの繰り返し性、高速演算能力を組み合わせた対応により、自動化を実現する。

RPAへの認識は誤解だらけ? 導入を諦める前に知っておきたい「3つの真実」

SB C&S株式会社

いまや一大トレンドとなっているRPAだが、コストや機能、運用に関する「誤解」は根強く、導入に至っていないケースは少なくない。そこでRPAの中でも高い評価を受けているAutomation Anywhereの3つの誤解の「真実」を探る。

「HCI」の“進化するが故”の誤解も――成功と失敗を分けるユースケースとは

ヴイエムウェア株式会社

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は急速に進化している分野の1つだ。こうした分野では、間違った認識が広がりやすい。HCIの“落とし穴”に陥らないために、知っておくべきこととは。

7カ国の調査で判明、「ダークデータ」の活用に必要な4つのやるべきこと

Splunk Services Japan

社内で認識もされず放置されている「ダークデータ」の活用は、企業の成功に大きな意味を持つ。そのデータの有用性を理解しつつも、スキル不足や技術的課題に真剣に向き合っている企業は少ない。7カ国での調査からその理由と解決策を探る。

「認識 認識」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。