「開発ツール」に関するIT製品を表示しています。

「開発ツール」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発ツールとは?

ここでの開発ツールとは、ソフトウェア開発者がプログラムやアプリケーションを作成・デバッグ・保守・サポートするためのソフトウェアのこと。開発ツールは以下のようなカテゴリーに分類できる。 ・性能解析ツール:プログラムの実行効率などを調べる ・デバッグツール:コーディングミスなどを調べる ・ソフトウェアテストツール:正常に動作するか調べる ・統合開発環境:プログラムの作成を支援する"

「開発ツール」に関する記事情報

松屋フーズHDがノーコード/ローコード開発ツールを導入、決め手は?

松屋フーズHDは、システム開発時の情報システム部門への依存を解消し、現場主体のデジタル化を目指してノーコード/ローコード開発ツール「SmartDB」を導入した。何が決め手だったのか。

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2022年)/後編

プログラミングのスキルがない非エンジニアでもアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツール。開発作業者の「所属部門」や「コーディングスキルのレベル」「開発スキルの教育・習得方法」の他、「開発の統制状況」「開発しているアプリケーション」などを調査した。

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2022年)/前編

プログラミングのスキルがない非IT人材が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツール。だが、IT担当者の中には「あの悪夢」を想起する人もいるようだ。課題と理由の考察も含め、利用状況をレポートする。

“プログラミング未経験”の専務がノーコードで独自アプリを3日で作成

アナログ業務が多く残る企業で、プログラミング未経験の専務がノーコード開発ツールを活用しわずか3日で健康管理アプリを作り上げた。その取り組みは今、従業員にも広がっている。

「Power Platform」最新事情 6つの新機能とTeamsとの連携術3選

Microsoftのローコード開発ツール「Power Platform」に実装が予定されている6つの新機能と、「Teams」との連携で毎日の業務を省力化する3つの活用事例を紹介する。

ブラックボックスの悪夢再び? ノーコード/ローコード開発ツールのリアルな評価と生かし方

近年にわかに「ノーコード」「ローコード」という用語を聞くようになった。ノーコード/ローコード開発ツールのメリットや生かし方、導入状況や現状の課題を紹介する。

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2021年)後編

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、企業ではどのようなシーンで活用されているのだろうか。開発作業者の「所属部門」や「コーディングスキルのレベル」「開発スキルの教育・習得方法」「開発しているアプリケーション」「パッケージ製品とのすみ分け方法」などを調査した。

ノーコード/ローコード開発ツールの利用状況(2021年)/前編

プログラミングのスキルがない事業部門の担当者が自らアプリケーションを開発できるとして注目が集まるノーコード/ローコード開発ツールだが、その評価は2分するようだ。どれほど導入が進んでいるのか。

ノーコード/ローコードとは? メリットや両者の違い、導入のポイントを総整理

ノーコード/ローコード開発ツールが、ITの民主化を促すとして注目を集めている。ノーコードとローコードの違い、メリットやデメリット、導入形態、開発作業のイメージ、導入する際に気を付けるポイントなどを総整理する。

ノーコード/ローコードとは? メリットや両者の違い、導入のポイントを総整理

ノーコード/ローコード開発ツールが、ITの民主化を促すとして注目を集めている。ノーコードとローコードの違い、メリットやデメリット、導入形態、開発作業のイメージ、導入する際に気を付けるポイントなどを総整理する。

「開発ツール」に関するIT製品情報

超高速開発ツールでユーザー部門の要件を柔軟かつ迅速に満たす

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

新たな業務アプリを開発する際は、ユーザー部門の意見を聞きながら、柔軟に要件を満たすことが求められる。必要な要件を満たしつつ、業務用アプリを迅速に開発するには。

VBAの開発から脱却、開発ツールの活用により生産性が大幅に向上

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

システムのパッケージソフトを導入する際、社内の要望に合わせて機能をカスタマイズするケースが多い。そうした追加開発の生産性を上げるにはどのような方法が最適なのか。

開発ツールでのアドオン開発で業務データのシステム管理を実現

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

手動で行っていた業務データの管理をシステム化する際、スクラッチ開発では非常に時間がかかる。リードタイムを短縮してシステム導入を行った事例を紹介しよう。

ノーコード・ローコード開発ツール「Accel-Mart Quick」

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

プログラミングの知識がなくても、誰でも業務用のアプリケーションを開発できるクラウドサービス。またプログラミング上級者用に充実した開発環境を提供することも可能。

システム内製力強化で情シスの悩みを一掃、「超高速開発ツール」の実力とは?

株式会社ジャストシステム

個別システム乱立やシャドーITのまん延といった社内システムにおける課題は、“内製力”を高めることで解決できる。そこで有効なのが、システム開発におけるプロセスを省略し、生産性向上などに効果を発揮する「超高速開発ツール」だ。

「開発ツール」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。