「256qam対応って?」に近い情報
「25」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「25」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「25」に関する記事情報

クラウドERPとは? 2層ERPとの違い、導入メリットや「2025年問題」との関係を解説

クラウドERPとは、企業の基幹業務を担うERP(Enterprise Resource Planning)システムをクラウドで提供するもの。ERPのモダナイズは「2025年問題」とも関連し、企業の喫緊の課題となっている。

iPhoneが“タダ乗りされる”ってどういうこと? AirTagを使った謎技術の真相:625th Lap

2021年4月にAppleは「AirTag」という、今までとは“毛色”の違う製品を発表した。このAirTagの仕組みを使ってAppleのネットワークに入りこめてしまう怪しい技術が開発されたという。

次のワークスペースはどう作る? UC/コラボレーティブワークスペース動向

テレワークが常態化しつつある今、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場はどう動いているのか。2020年度の状況とともに2025年までの予測を見ていきたい。

国内パブリッククラウド市場予測、“SaaSバブル”に終焉の兆しか?

2020年度の国内パブリッククラウド市場全体の規模は、対前年度比25.2%増の見込み。2024年度には対2019年度比2.1倍の2兆8296億円に達する。全体の数字は「5年でおよそ2倍」となるが、内訳や市場シェアでは明暗が分かれる。

社労士が解説、人事労務の法改正で中小企業が注目すべき3つの対応ポイント

2025年までに、人事労務に関わる幾つかの法改正が予定されている。人的リソースの限られた中小企業がそれらを全て網羅的に把握し、完璧に対応をするのは困難だ。社労士が解説する、特に重要な3つのポイントとは。

コロナ禍の影響は? 富岳は? AIシステム市場の行く末

IDC Japanは、国内AIシステム市場の予測を発表した。2020~2025年の年間平均成長率を25.5%と見込み、2025年の市場規模は4909億8100万円になると予測する。成長をけん引するものとは。

今後はテレワーク縮小、廃止の動きも? 2025年までの企業動向を分析

2020年のテレワーカーの数は、2019年と比較して約10倍にまで伸びた。しかし、今後、テレワークを徐々に縮小、廃止する企業も出てくるとみられている。

国内データセンターの建築ラッシュ続く、2025年までの市場予測

IDC Japanが国内事業者のデータセンターの延床面積予測を発表した。2020~2025年までのCAGRは6.7%を見込み、建築ラッシュに伴う関連産業の需要増も予測される。

「クラウドファースト」はどこまで伸びる? 市場拡大のピークとは

IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。パブリッククラウドを優先的に検討する企業の割合は2019年度調査から急進し、2025年の市場規模は2020年の2.4倍になると予測する。

今後IoTデータは5.8倍に? 膨らむデータとともに重要性を増すIoTインフラ市場

IDC Japanは、IoTのエンドポイントデバイスが生成するデータ量は2018年の13兆6億GBから2025年には79兆4億GBに達するという。

「25」に関するIT製品情報

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア

リスモン・ビジネス・ポータル株式会社

「desknet's NEO」の25機能をセキュアなASPサービスで簡単導入

250以上の業務自動化処理を分かりやすいGUI環境で高速に開発

アステリア株式会社

エイベックスでは、膨大なデータ加工処理の作業工数増大や人的ミスなどの問題に対処するために、業務自動化処理をGUIで素早く開発できるデータ連携ツールを導入した。

手つかずのレガシーシステムが招く「2025年の崖」、克服のためのクラウド移行法

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

IT人材の不足やレガシーシステムの老朽化などから最大12兆円の経済損失が見込まれるという「2025年の崖」問題。その克服には、レガシーシステムのクラウド移行が有効だ。その現実解となる「リフト&シフト」の手法を解説する。

DXの本質に見る現場業務の効率化、モバイルアプリを軸にした「2025年の崖」攻略

アステリア株式会社

「2025年の崖」が迫る中、DXの実現方法として現場業務でのIT活用による業務プロセスの効率化が注目されている。主要業務デバイスのモバイルシフトを踏まえ、効率化のポイントとなる「モバイルアプリ」を導入する簡単な方法を紹介する。

80%が移行に未着手のSAP S/4HANA、課題となる影響分析をどう効率化すべきか

Panaya Japan 株式会社

基幹システム「SAP ERP 6.0」のサポートが2025年に終了する。移行に未着手の企業が80%を占めるが、まだ時間があると楽観はできない。SAP S/4HANAは進化が大きく、移行負担が重いため、アウトソース先の枯渇は既に始まっているのだ。

「25」に関する新着セミナー

【1/25無料ウェビナー】これからの営業に求められる新しいCRMの姿

ゾーホージャパン株式会社

2022/01/25(火)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 業務プロセス

【Webセミナー】第2回 人事・教育担当者向け ニューノーマルにおける人材教育の環境づくり

株式会社日立システムズ

2021/12/16(木)11:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員25名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「25」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。