「ai 市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ai 市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ai 市場」に関する記事情報

重要度を増すアイデンティティー管理 海外専門ベンダーが日本市場に本腰

ランサムウェア対策やゼロトラストの構築など、アイデンティティー管理への注目が高まっている。IT調査会社ITRは「アイデンティティー動向調査」の結果を、SailPointテクノロジーズジャパンは「企業のアイデンティティー管理に関する最新動向」について発表した。

法人向けAI翻訳サービスとは? 特徴と選定ポイント、運用の注意点を徹底解説

近年、AI翻訳サービスの精度が飛躍的に向上し、業務での利用を考える企業もあるだろう。市場では無料ツールも提供されているが、業務利用するにあたって注意点がある。法人向けAI翻訳サービスの特徴と選定ポイント、運用の注意点、事例を徹底解説する。

コロナ禍の影響は? 富岳は? AIシステム市場の行く末

IDC Japanは、国内AIシステム市場の予測を発表した。2020~2025年の年間平均成長率を25.5%と見込み、2025年の市場規模は4909億8100万円になると予測する。成長をけん引するものとは。

日本RPA市場に乗り込んだ「Kofax」台頭なるか――感情を読み取るAIで機能強化も

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

アナリストが警告 日本のAI活用が今のままでは“まずい”ワケ

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

AI市場は今後5年間で10倍に成長、注目分野は?

AI(人工知能)を活用したIT製品が続々と登場している。国内における2017年のコグニティブ/AIシステム市場の推定規模は、ユーザー支出額ベースで274億7600万円に達した。

AIのビジネス利用、国内市場規模は5年で16倍に成長

2016年の国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、ユーザー出資額ベースで158億8400万円。2021年には2500億円を超える市場になる見込みだ。

MacBook Airより薄くて速い―― Surface Laptopが日本に登場、MSの戦略は?

日本にも「Surface Laptop」が登場。ついに3シリーズ展開となったSurfeceファミリーの概要と使い方をレポートする。Microsoftは日本市場でどんな戦略を打つのだろうか。

「EAIツール」シェア(2006年度)

富士キメラ総研の調べによると2012年までに約5~15%の市場成長率が見込まれているEAIツール。市場シェア情報を紹介する。

「ai 市場」に関するIT製品情報

非エンジニア人材にもAI学習を、そのメリットと効率的な育成のポイントとは

キラメックス株式会社

2030年、日本のAI市場は現在の4倍になるとの試算もあり、AI人材の需要が高まっている。こうして人材の争奪戦が激化する中で、注目され始めたのが非エンジニア人材へのAI研修だ。そのメリットと効率的な育成のポイントを紹介する。

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

デル・テクノロジーズ株式会社

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

AIチャットボット最前線:4つの事例から見えてくるサービスの可能性

エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

企業と顧客をつなげるツール「チャットボット」。近年では、AI/ディープラーニング技術を取り入れ、“ユーザーとの自然な対話”が行えるサービスとして市場を拡大している。最新AIチャットボットの特徴と効果的な活用方法に迫る。

市場調査で見えた、金融イノベーションに求められるストレージインフラの条件

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

ビッグデータ分析やAIなどの活用が進む金融業界では、管理、保存すべきデータが急速に増大している。今後、金融イノベーションを着実に進めるため金融業界ではどのような金融業界ではどのようなストレージインフラが求められるのだろうか。

AI市場の裾野を広げる、日本発のディープラーニング専用プロセッサに注目

富士通株式会社

今後ますます拡大が期待されるAI市場。その鍵を握るともいわれるのが、ディープラーニングを高速化するための専用プロセッサだ。2019年中にも市場に投入される計画という、日本発のAIプロセッサに迫る。

「ai 市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。