「bi プラットフォーム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「bi プラットフォーム」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「bi プラットフォーム」に関する記事情報

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

「bi プラットフォーム」に関するIT製品情報

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

BOARD Japan株式会社

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

BI・予測分析・業績管理を統合、次世代経営管理プラットフォームで何が変わる?

BOARD Japan株式会社

企業の各部門が、それぞれ固有のBIやExcelによる管理で計画を策定している状況では、組織全体の予実や計画・シミュレーション管理の効率化は難しい。そこで、BI、予測分析、業績管理を統合した次世代の経営管理プラットフォームを紹介する。

「セルフサービスBI」の普及と、規模に応じたガバナンスの実施を両立する方法

Tableau

シアトル小児病院はセルフサービスBIを導入することで、スタッフの疑問を迅速に解決し、リソース配分の優先順位付けや効率的な治療を可能にしている。同病院が導入したBIプラットフォームから、データ活用を成功させるポイントを探る。

セルフサービスBIプラットフォームを、分析ワークフローから評価すべき理由

Tableau

セルフサービスBIは、IT部門主導のトップダウンから大きな転換となるだけに、導入を成功させるには考慮すべき要素が多岐にわたる。その要素を整理する上でポイントとなるのが、分析ワークフローとユーザー視点の組み合わせだ。

BIに関する6つの誤解——インサイトを発見するビジュアル分析の真の要件とは?

Tableau

ビジネスのアジャイル性とガバナンスの両立に大きく貢献するセルフサービス型BIプラットフォーム。だが品質やコストに対する懸念により、いまだ従来ツールからの刷新に踏み切れない企業は多い。最新BIに対する6つの誤解の真相に迫る。

「bi プラットフォーム」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。