「edi 企業」に関するIT製品を表示しています。

「edi 企業」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説EDIとは?

EDI(Electronic Data Interchange)を直訳すれば“電子データ交換”で、電子商取引におけるドキュメント形式の標準化を図り、企業間でやりとりされる発注書や請求書などのビジネス文書を電子化して、インターネットや専用線を介してやりとりするための仕組みのこと。

「edi 企業」に関する記事情報

Amazonが“1番キャリアアップできる”企業でも従業員から不満噴出の理由

LinkedInが毎年発表している「キャリアアップに最適な企業ランキング」において、Amazonが2年連続でトップを獲得した。それでも従業員から不満が不出している、その理由とは。

「イラつき」の可視化で効果30倍、業務自動化の成功企業が実践したこと

属人化の問題で、業務効率の悪化が課題となっていたmediba。業務改善に着手したものの、次々と課題が明らかになりプロジェクトは難航した。しかし「イライラマップ」を用いた取り組みをきっかけにプロジェクトが大きく前進したという。

Microsoft Azure ADとAzure AD Premiumの違いとは? 導入企業が注目する機能6選

Microsoft 365のIDaaS(IDentity as a Service)である「Microsoft Azure Active Directory」。クラウド型ユーザー認証基盤として知られるが、Azure ADの他にもAzure AD Premiumという上位サービスも存在する。互いに何がどう違うのか。

「edi 企業」に関するIT製品情報

IT企業の受発注業務を楽にする「クラウド型EDIサービス」

TDCソフト株式会社

システム開発やプロジェクト要員の見積・受発注・請求を電子化

統合EDIサービス「スマクラ」

SCSK株式会社

企業間取引を支える次世代クラウドEDIサービス。多様なプラットフォーム、プロトコルに接続可能なシステム連携基盤サービスにより業務効率化を実現。

EC企業は「EDIのクラウド化」をいつ行うべきか? 注視すべき7つの危険信号

【破棄】Dell Boomi

Eコマースにおいて不可欠な存在であるEDI。しかし、その登場から長い年月を経て、今ではEDIが業務効率化の足かせとなるケースも散見されるようになってきた。最新のクラウドインフラとEDIとのギャップを埋めることはできるのか。

IBM AIX上でOracle DBのコスト抑制、SE継続利用のための「ソケット数問題」対策

日本情報通信株式会社

Oracle Databaseのコストを抑制するためにStandard Edition(SE)を選ぶ場合、サーバソケット数が2つに制限される。これはシステム更改における制約となるが、IBM AIX上でSEを利用している企業であれば、このソケット数問題は回避可能だ。

Webアプリ開発・運用環境を集約、事例に学ぶマネージド型コンテナ基盤の活用法

レッドハット株式会社

企業にとって、アプリケーション開発・運用環境の分散化は大きなリスクとなる。そこで、この課題の解決策となるマネージド型コンテナ基盤「Red Hat OpenShift Dedicated」の特長やメリットについて、成功事例を交えつつ紹介する。

「edi 企業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。