「erp 価格 調査」に関するIT製品を表示しています。

「erp 価格 調査」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「erp 価格 調査」に関する記事情報

ERPの導入状況(2018年)/前編

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

ERPの導入状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員174人にアンケート調査を実施した。ERPの導入形態や今後期待する機能など実態が明らかになった。

ERPの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員174人にアンケート調査を実施した。ERPの導入状況や満足度など実態が明らかになった。

「erp 価格 調査」に関するIT製品情報

事業収入10兆ドルに関与、3つの視点で見るRed Hat Enterprise Linuxの経済効果

レッドハット株式会社

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の経済効果に関する最新調査によると、2019年に10兆ドルの事業収入に関与し、経済全般の2倍の成長率を達成するという。ここではその詳細について、3つの視点から分かりやすく解説する。

投資回収期間は2カ月~1.9年、中堅・中小企業のクラウドERP活用の実態調査

日本オラクル株式会社

企業の経営効率化に有用なERP。中でも、低コストで導入・運用が可能なクラウドERPの活用が中堅・中小企業で広がっている。100社超への調査からクラウドERPの評価を行ったところ、多くの企業がROIを短期で達成していることが分かった。

「オールフラッシュHCIを3年間使うと、SANと比べてTCOが半減」は本当か

日本ヒューレット・パッカード合同会社

オールフラッシュのHCI「HPE SimpliVity 380」は、最小2ノード構成から運用できるので、従来のSAN構成と比べて大幅なコスト削減が可能だ。Enterprise Strategy Groupの調査によれば、3年間の総所有コスト(TCO)は約半分の差が出るという。

アップグレードに価値はある? ERP利用企業調査で分かったリスクと回避策

日本Rimini Street株式会社

ERP利用企業調査で、費用や手間が原因でアップグレードを行わず、フルサポートを受けられないバージョンを使うケースが多いことが判明した。そうした中、既存ERP利用のリスクを回避しつつ、技術革新を進めるにはどうしたら良いだろうか。

調査と事例から探る、HCIがビジネスクリティカルな用途で採用され始めた理由

EMCジャパン株式会社

IT調査会社の2018年調査で、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入企業の実に50%が、財務やERPといったビジネスクリティカルな用途で利用していることが分かった。HCIへの期待・信頼の高まりは、何から生まれているのか。

「erp 価格 調査」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。