「iot データ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「iot データ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「iot データ」に関する記事情報

IoT/IIoT/OTとは? それぞれの違いとAIやビッグデータとの関係を解説

モノのインターネット化によってプロダクトとITが融合し、産業分野のプロセス変革が進んでいる。

「IoT DEP」とは? 激増するIoT通信データをインターネットで効率的にさばく国際標準

IoTデバイスの通信を効率化するために考案されたICNと一般のインターネット通信を、共通のIPネットワーク上で共存、両立させることを目的に開発された日本発の国際標準を解説する。

今後IoTデータは5.8倍に? 膨らむデータとともに重要性を増すIoTインフラ市場

IDC Japanは、IoTのエンドポイントデバイスが生成するデータ量は2018年の13兆6億GBから2025年には79兆4億GBに達するという。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

5G+IoT+高精細映像が創る「スマートハイウェイ」

渋滞なく、安全で効率よく、しかも快適なドライブができる高速道路。それが「スマートハイウェイ」だ。その実現のコア技術の1つがデータ通信技術。中でも最も期待が寄せられているのが5Gである。5Gがスマートハイウェイにどう組み込まれ、何が実現するのか。その先端実証実験のあらましを紹介する。【訂正あり】

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

LPWAを徹底活用してIoTビジネスを始めるには?

LPWAはIoTデバイスからデータを収集するための通信手段として注目を集める。LPWAを活用するためには、どのようにデータをクラウドと連携させ、アプリケーションへと受け渡し、可視化するか。

3D地図でゴルフコースは俺のもの? IoT分野でも活用

NTTデータは8月31日、AW3Dの技術を使ったサービスの一環として「高精細3D都市データ」を9月1日より販売する。ゴルフ観戦にもこの技術が活用できる。

KDDIのデータマーケットと自社データを組み合わせて分析できるサービス

IoTデータをどう扱えばよいか分からないと悩んだことはないだろうか。「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」は、企業のIoTデータとKDDIが持つ分析サービス、各種データ群を組みあわせ分析を行うサービスだ。

大予想2020年、統合運用管理はどうなっている?

ビッグデータやAI、IoTといった新技術がシステム運用管理にどのような影響を与えるのか。今後続々と実用化されるであろう先端技術を取り入れた統合運用管理製品の未来予想図を描いてみる。

「iot データ」に関するIT製品情報

IBM Cloudant

日本アイ・ビー・エム株式会社

ビッグデータ、モバイル、IoTに適したクラウドのデータベース

IBM Internet of Things Foundation for Developers

日本アイ・ビー・エム株式会社

モノのインターネット(IoT)データ活用体制をスピーディーに構築

オフィスIoTで働き方改革「CollaboView」

SCSK株式会社

オフィスで働く人と環境をデータで見える化して診断、分析することで、業務効率向上や新たなコミュニケーションの促進、働き方改革を支援する。

産業分野のIIoTデータを競争力に変えるために必要な「5つのステップ」とは?

SAS Institute Japan株式会社

産業分野のIoT(IIoT)が生み出す大量のデータは大きな価値を持つ一方、ビジネス戦略に組み込むのは容易ではない。分析プラットフォームの選び方やエッジアナリティクスの必要性など、IIoT戦略で成功するための5ステップを解説する。

製造現場のデータをリアルタイムに可視化、匠の技に頼らないものづくりを実現

日本電気株式会社

今、日本における製造業の課題は「製造装置の安定稼働」と「高い品質の維持」である。それらを実現するため、経験と勘に頼らず、IIoT(Industrial IoT)を活用した、システムによるリアルタイムな情報収集と分析が必要だ。

「iot データ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。