「pc 市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「pc 市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「pc 市場」に関する記事情報

「PC」シェア(2021年第2四半期)

今なお話題なのが、新プロセッサを搭載した新型モデルを発売したあのベンダー。2021年前期と比較して出荷台数ベースの市場占有率はどう変化したのか。

「PC」シェア(2020年第4四半期、通年)

2020年はコロナ禍の影響で在宅勤務や在宅学習でPCを利用するケースが増え、PC市場は堅調に推移した。GIGAスクール構想関連需要が同市場をけん引する要素となったが、中にはこの国策の恩恵を受けられずにいたベンダーもあった。

「PC」シェア(2020年第2四半期)

落ち込みが予想された2020年第2四半期は、市場の需要をうまく捉えて2019年と同レベルの出荷台数を維持した。PCベンダー上位5位を見ると、国策による特需で成長したベンダーもあれば、そのに“波”乗り切れていないベンダーもあった。そのベンダーとは。

特需の嵐が去った国内ITサービス市場、今後4年間の見通しは?

元号の改正に消費増税、「WIndows 7」のサポート終了に伴うクライアントPCの買い替え需要など、2019年の国内IT市場は多くの特需に恵まれた1年だった。その反動で2020年の成長率はやや鈍化するというが、国内ITサービス市場の成長率は今後どう変化するか。

地場のSIerは生き残れるか? IT支出に見る地域格差

2020年の国内IT市場は前年のPC更新需要などの反動があってか、落ち着きそうな気配だ。しかし2021年以降の市場を見ると、IT支出が伸びる地域とそうでない地域があり、地域格差が生じることが分かった。

「PC」シェア(2019年第3四半期)

IDC Japanは、2019年第3四半期のPC出荷台数を発表した。第2四半期に続き好調が続く中、前期と比べるとわずかに市場占有率を落とした“1社負け”のベンダーがあった。

中古市場の一般相場より1~2割安の製品も? 法人向けリユースPC最前線

3~4年のレンタル期間を経て返却されたPCを販売するリフレッシュPC販売サイト「Qualit」。今、個人だけでなく法人もリユースPCを求めるという。その背景を担当者に聞いた。

「PC」シェア(2018年第4四半期および2018年)

2018年第4四半期のトラディショナルPCの出荷台数は、前年同期と比較すると約2割近く増えた。法人市場、家庭市場ともに大きな伸びを見せたが、それぞれの市場で成長を後押ししたものとは何か。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

「PC」シェア(2018年第1四半期)

2018年第1四半期のPC市場はマイナス成長に転じた。レノボ傘下となった富士通のPCシェアはどう変化したのか。

「pc 市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。