「rpa とは it」に関するIT製品を表示しています。

「rpa とは it」に関するIT製品、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa とは it」に関する記事情報

ITに戸惑う現場の気持ちを180度変えたRPA導入事例集

ある企業ではRPAロボットの8割を事業部門の従業員が開発している。また別のある企業では2000人の従業員が高いモチベーションで業務改善に取り組んでいる。

基幹システムにRPA組み込み、年間2万4千時間削減した老舗IHIグループ

RPAを単なるタスク自動化ツールとして終わらせず、プロセスの自動化、ひいては業務改善や働き方改革を実現するツールとするにはどうすればいいのか。そして今、IT部門が尽力すべき施策とは。自社の運用体制に最適化したRPA導入と運用体制の構築を実現したIHIグループの取り組みをまとめた。

テレワークでのRPA稼働で見えた、経営者の盲信

「DXのためにIT部門を従来の保守的な業務から開放すべきだ」と言われて久しい。業務のデジタル化や自動化といった取り組みが進む一方、テレワークによって現場で起きるIT部門の問題を、経営者が察知できていない可能性がある。

RPAで事務処理の9割以上を削減、業務に「全集中」できる経理部門に変えた2つの取り組み

ITサービス事業とエンジニアの派遣事業を中核とする日本ディクスは、収支表の作成とエンジニアの派遣先への請求処理に毎月多くの時間を費やしていたが、RPAを活用した2つの策によって工数を大幅に削減できたという。その策とは。

【お知らせ】RPA導入に関する意識調査にご協力ください

キーマンズネット編集部はITmediaエンタープライズ編集部と合同で「RPA導入に関する意識調査」を実施します。

営業部門の業務課題とIT活用(2019年)

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。営業部門が今後導入を検討しているITツールの1位はRPAであることなどが明らかになった。

「rpa とは it」に関するIT製品情報

RPAで累計13万2000時間の効率化、第一生命保険に学ぶ大規模環境への展開術

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

成長分野への人員再配置を目指す中期経営計画の一環として、働き方改革、生産性向上を目的にRPAを導入した第一生命保険。IT投資が遅れていた間接業務をRPAで自動化し、累計で13万2000時間もの効率化を実現した、その経緯に迫る。

RPAへの実行指示も──IT運用は効率化(統合監視)の先にある「自動化」へ

株式会社コムスクエア

複雑化するITインフラの運用環境を改善するには、効率化(統合監視)だけでなく「運用の自動化」を積極的に検討すべきだ。その実践に有効なソリューションについて、分かりやすく解説する。

人材不足に苦しむコンタクトセンター、その穴を埋める「2つのIT活用法」とは?

富士通株式会社

顧客満足度の向上に影響するとして、コンタクトセンターを重視する動きが高まっている。一方で大きな課題となっているのが、人材の採用・定着だ。その解決策としてAIやRPAが注目されているが、この2つで何がどう変わるのだろうか。

クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS)

キヤノンITソリューションズ株式会社

迅速開発を実現しビジネスの俊敏性を支援するクラウド開発基盤

「rpa とは it」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事を毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。