「rpa コスト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「rpa コスト」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa コスト」に関する記事情報

「RPAをとにかく入れよう」で起きた現場の悲哀 意識しておくべき課題とは

RPAの導入を成功させるためには、コストの壁だけでなく、運用面の壁も想定しなければならない。トレンドにならって「とにかく導入」してしまうのではなく、どの業務をなぜ効率化するのかを考えることが、導入成功の肝となるだろう。

中堅中小企業にRPAが普及する日はくるのか

「RPAを開発できる人材がいない」「RPA化できるだけの大量の定型作業がない」「コストをかけられない」といった理由で、中堅中小企業にとってRPA導入のハードルはまだまだ高い。この課題に対する解決策を各ベンダーが打ち出し始めた。ざっくりと、どのようなものがあるのかを見ていきたい。

「クラウドRPA」とは? オンプレミス型との違い、3つのタイプを整理

「RPAのコストが高すぎる」「RPAの対象業務が少ないない」「開発や運用を担える人材がいない」――課題の解決を目指した「クラウドRPA」がブームとなりつつある。クラウドRPAの利用形態と、それぞれのメリット・デメリットを整理した。

RPA導入で処理時間が人力の2倍になった……、失敗しないためのRPA開発虎の巻

RPAの活用現場では、想定以上にコストがかかる、ロボットが止まる、他人が作成したロボットをメンテナンスできないといった問題が起きている。課題を解決するために、今からマネできるポイントを紹介しよう。

情シス不足の中堅中小企業に効く、RPA導入のポイント

大手を中心に進むRPA導入だが、コストや人手不足に悩む中堅中小企業でも活用するチャンスはある。ブレインパッドが、最適なRPA導入アプローチについて語った。

「rpa コスト」に関するIT製品情報

中小企業のRPA導入ハードルを一掃、「RPA as a Service」のメリットとは?

SB C&S株式会社

中小企業でRPA導入が進んでいない大きな要因は、運用負荷とそれにまつわるコストにある。そのハードルを取り払うべく生み出されたのが、RPAをクラウドサービスとして利用できるようにした「RPA as a Service」だ。

RPAへの認識は誤解だらけ? 導入を諦める前に知っておきたい「3つの真実」

SB C&S株式会社

いまや一大トレンドとなっているRPAだが、コストや機能、運用に関する「誤解」は根強く、導入に至っていないケースは少なくない。そこでRPAの中でも高い評価を受けているAutomation Anywhereの3つの誤解の「真実」を探る。

低コストでRPAを短期導入、簡単にスケールアップできる時代へ

RPAテクノロジーズ株式会社

RPAに魅力を感じるも、コストが高い、導入に時間がかかる、スケールアップによる社内展開が難しいといった理由で、導入をためらう組織は多い。もし、簡単に“低コスト”で“スモールスタート”でき、簡単にスケールアップできるRPAがあったら、組織はどう変わるだろうか?

「rpa コスト」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。